スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド 最終話感想

日曜日放送の仮面ライダーディケイド 第三十一話(最終回)「世界の破壊者」の感想。
バイトのシフトミスった……今週六連勤来週五連勤って何だよ……死ぬぞ。
おかげで感想も小説も書く暇が無いぜOTL

スーパーアポロガイストに立ち向かうディケイドCF・ディエンド・クウガ・キバ。
だが、スーパーの名は伊達じゃない。今まで以上の圧倒的な強さを見せるスーパーアポロガイストの
前に変身解除を余儀なくされる。何気に無敗を誇っていたコンプリートに初黒星。
さらにスーパーアポロガイストは夏美を花嫁(人質)にすると言い、オーロラの壁で逃げてしまう。

ボロボロの四人。ワタルがカズマ達が消えたのはアポロガイストが世界の融合を進めたためだと言う。
そこに剣崎がそれを否定しながら現れる。
剣崎によればアポロガイストは世界の融合を加速させただけに過ぎず、本当の原因は士。
ディケイドが生まれたから世界の融合と破壊が始まった。この世界を救いたいなら出て行け。
という事だそうな。……これが本当なら別の世界に行っても士がいる限り世界の崩壊は止まらないんじゃ?
夏美をさらわれた上にカズマも消え、そこにこの言葉。流石の士もこれには怒り心頭。
剣崎の事を問いただすと、剣崎は名乗る。

「俺の名は剣崎一真。またの名を……仮面ライダーブレイド」

カズマと同じ名前である事に驚く士を尻目に変身。金色のオリハルコンゲートで士を吹き飛ばすと
剣崎はいきなりブレイド・キングフォームに変身!!
キングラウザーでの攻撃をかわしながら士もディケイドに変身するが先程の戦闘のダメージとキングフォームの
パワーに押されて手も足も出ない状態。
そんな士を助けようとするユウスケとワタルだが、アスムからディケイドに手を貸したらカズマと同じように
消えてしまうと告げられ、動きを止めてしまう。
何かを知っているような表情の大樹が見る中、剣崎がロイヤルストレートフラッシュを発動。
オリジナル最終回と同じカード挿入無しで発動していたのと、変身の時にスペードAのカードを使用したが、
変身した姿は本来スペードAで変身するノーマルブレイドではなくキングフォームってのを考えると
剣崎のジョーカー化は相当進んでいる模様。
シンケンの世界で召喚キングフォームが見せたのと同じ地を走る衝撃波タイプの一撃を受け、
橋?の下に落とされるディケイド。
どうやらディケイドでのRSFはこういう形らしい。そして何気に掛け声が一瞬素に戻ってウェイな剣崎。
今回の剣崎は暗いから剣崎っぽくないが、やっぱ叫びを聞くと剣崎だなぁってのがよく分かる。
あと、椿さん微妙に剣崎の演技下手になったのかセリフがややオンドゥル(オリ初期ほどは酷くないが)。
さすが剣崎。俺達のツボを心得てくれてるぜ!!

ボロボロになりながらも何とか写真館に帰ってきた士。
栄次郎さんの治療で何とかマシなところまで回復する。
机の上の写真を見ると、世界が消滅したせいか写真の中のカズマが消えている。
さらには他の写真のライダー達も消えかかっている。
俺達の旅は何だったんだと落ち込む士。そんな士を栄次郎さんは「どんな旅にも無駄は無いよ。
どんな人生にも無駄が無いのと同じようにね」と励ます。
やっぱ良い人だわこの人は。映画版のあの姿と言動が信じられんくらいだ。
士から話を聞いていたのか、夏美を救ってくれと頼む栄次郎さん。士も力強く答える。
そこに現れるキバーラ。客が待っているらしい。

キバーラの案内で向かうと、そこに居たのはアスムとワタル。
士にこの世界から出て行って欲しいと頼む二人。
さらにそこに剣崎も現れる。士が夏美を助けたいと言うのは剣崎も分かっているようだが、
士(ディケイド)が存在していればその夏見すらも消えてしまうという剣崎。
アスムとワタルは響鬼とキバに変身。士に向かうが変身せず抵抗もしない士。
そこに影で見ていたが耐え切れなくなったユウスケがクウガに変身して乱入し、士を逃がす。
一緒に旅をしてきたユウスケにとっても夏美は仲間。助けたいのは同じ。
だが、剣崎の夏美を救った後はどうする? クウガの世界が、お前の仲間が消えていいのかという
質問には答えられず。

夏美を助け出すためにアポロガイストの元へ向かう士。
この世界には映画でも出た大ショッカーの本拠地が。
……ということはライダー大戦の世界=士の世界という事だろうか?
先回りして士を待っていた大樹。何故かアポロガイストから決闘状を受け取っていたため、士に渡す。
一騎打ちを望んでいるというが、それは真っ赤な嘘。ン・ガミオ・ゼダと牛鬼以外の平成ライダーの世界の
ボスを復活させて待ち構えているため、行くなと忠告する大樹。
それでも止まらない士。ディエンドライバーで決闘状を撃つ大樹。

「行くなと言っているだろう!!」

ディエンドの世界以来久しぶりに熱い所を見せた大樹。やっぱこういう大樹はカッコいい。
士を倒すのは自分。その最高の宝を奪われたくないと自分なりの価値観と言い方で言う大樹。
そんな大樹にもしも自分が死んだら世界はくれてやるが、夏美達の事は頼むと言う士。
この時流れてるBGMと士と大樹の表情が良いんだよなあ……。

ついにガイの元へたどり着いた士。
吸命牙で夏美のライフエナジーを奪おうとするガイだが、ディケイドのカードで士が弾く!
さらにスラッシュとイリュージョンのカードで夏美の拘束を解き、助け出す!!
集まる再生怪人軍団。それでも一人で戦おうとする士。

「例え世界の全てを敵に回しても、たった一人を守るために戦う。それが仲間ってもんだ。
俺達は仲間だ。だから守る! ……それだけのことだ」


そこに大樹が駆けつける。彼は言う。
「僕もお宝のために戦おう。世界なんて貰ってもつまらない。
……僕達はやっぱり仲間ってやつかもしれないね」
と。
さらにユウスケも駆けつける。彼は言う。
「俺は自分の世界と仲間の命を天秤にかけて、迷っていた。でもそれは間違ってたんだ。
たった一人の笑顔を守れないんじゃ、世界中の人を笑顔になんて出来ない!」
と。

夏美も同調して自分達は旅でその事を学んできたという。
それに対抗してガイがお前達の旅は無駄で愚かな行為だったというが、士が一蹴する。

「俺達はこれからも旅を続ける。世界の壁を越え、仲間を作る。その旅はやがて未来を変える」
「何なんだ貴様は!」
「通りすがりの仮面ライダーだ……覚えておけ!」
「「「変身!!」」」


ディケイドディエンドクウガのトリプル同時変身。
声と変身完了のタイミングもバッチリ。平成ライダーは変身完了時に眼が光るが、そのタイミングまで完璧。
ガイもスーパーアポロガイストに変身し、七体の怪人と三人のライダーの戦いが始まる!!
そこにワタルとアスムも合流。士の旅――未来を変える旅の可能性を信じると言う。

「「変身!!」」

キバ響鬼に変身し士達に加勢する。
デザインや色などに統一性は無いが、五人のライダー揃い踏み。
それぞれのライダーキックで復活怪人を撃破! 贅沢を言えばキバはカテナ開放欲しかったな。
ディケイドもコンプリートフォームになり、初の単体ファイナルアタックライドを決める。
残るはスーパーアポロガイストのみ。ディケイドCFに向かって盾を投げつけるがそこにクウガが
割り込む。
状況的には庇う状況じゃなかったんだけどな……ユウスケの性格の問題か?
変身解除してしまうユウスケ。ダメージが大きかったのか士が呼びかけても反応しない。
響鬼とキバがスーパーアポロガイストを押さえている間にディケイドCFに自分のカメンライドカードを渡すディエンド。
ドライバーに入れるとファイナルアタックライドと認識され、胸のカードがディエンドに。
二人でディメンションシュートを放ち、ついにスーパーアポロガイストを撃破する。
散り際にいつか宇宙で尤も迷惑な奴として蘇るのだと言っていたが……本当にそうなりそうで怖い。

それもつかの間、今自分が居る場所が夢の中のライダー大戦の場所と同じだと気付く夏美。
さらにキバと響鬼が消えてしまう。響いてくる謎の声。辺りが暗くなっていく……。
気付くと士は一話で渡とあった世界へ。そこに再び現れる渡。
渡が言うには、ディケイドは本来全ての仮面ライダーを破壊しなければならなかった。
だが、士は破壊せずに仲間にしてしまった。だからこの世界の破壊と融合の現象が起きてしまった。
今から僕の仲間が貴方の旅を終わらせますと言い、キバに変身。
久々にキバットも喋ったし変身直後でなくポーズを取ってから眼が光るのがナイス。
久しぶりに渡の変身みたけどカッケー。多分これキバ放送終了直後に撮ったな。

元の世界に戻ると、そこには歴代平成仮面ライダーが。
……渡の言っていた僕の仲間達ってキバの仲間じゃなくてオリジナルの変身者達って事か!?
つーことは今のこの場に翔一、真司、巧、ヒビキさん、天道、良太郎&モモ、渡が勢ぞろいか……。
でも確か電王の世界だけはオリジナルと同じだからモモはちょっと戦うのキツイかもな……。
結構情に厚い所あるからなおさらだし。
さらに剣崎も登場しブレイド・キングフォームに変身。これでブレイドも登場。残るはクウガのみ。
士も対抗してディケイドに変身する。
夢と同じになる事を危惧して夏美がユウスケを起こそうとするが起きない。
キバーラが噛み付くと目覚めるが様子がおかしい。
変身すると、いきなりクウガ・アルティメットフォームに。しかも黒目。

戦いあうライダーだがOPの映像も夏美の夢の様子とも違う。
……てか、周りに飛んでるビームはどこから出てるんだ?
その最中、走りこんできてディケイドに銃口を向けるディエンド。
そして―――――――

ってこれで終わりかよ!? 何と言う投げっぱなしジャーマンスープレックス。
てっきりこれである程度終わってオールライダーに繋がると思ったら冬の映画で終わりかよ……
普通、ある程度は放映以内で終わらせて残った伏線の回収やらを映画でやるだろうに
何も終わらせずに映画まで引っ張るのかい……。
とりあえず、冬の映画はあまりネタバレ出さないで欲しいな。
夏は出しすぎて見所とかがなぁ……いや、流石にオールライダー終結&オールライダーキック、
最後のディケイドCFの究極キックは凄かったけどさ。
……逆にシンケンはある程度情報を出しつつも、見て初めて分かった情報があった。
まだ見てない人のために軽く言うとスーパーシンケンレッドがTVに先駆けて登場(上映初日の話)。

さて、これでやっと夏の映画の感想が書ける。
……公開当日に見たからちょっと記憶ヤバイけどなッ!!
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーディケイド 第三十話感想

日曜日放送の仮面ライダーディケイド 第三十話「ライダー大戦・序章」の感想。
いよいよディケイドも来週で終了。さて、どう劇場版に繋がるのか。

再びライダー達が戦う夢を見る夏美。
ディケイド・平成主役ライダーに加えて黒目のクウガアルティメットとディエンドも。
果たして、これは現実になってしまうのか……

新たな世界にやってきた士達。
今回の格好はタキシード。結婚ならこのままかもしれんが、葬式だともう少し格好が変わるんじゃないか?
砂丘を歩いていると、レンゲルとライジングイクサが戦っている所を目撃する。
さらにギャレンとサガ、カズマとワタルがそれぞれブレイドとキバに変身し戦う姿も。
極めつけはアンデッドとファンガイアまでもが戦っている。
栄次郎さんの発言を思い出し、この世界がライダー大戦の世界だと理解する士。

アンデッドから力を借り、ライトニングスラッシュでライジングイクサを撃破するブレイド。
爆発した辺り、これは完全に殺したっぽいな。
あと、ワタルがイクサと呼んだということは名護さんではないという事も確定。
……素晴らしき青空の会は対ファンガイアの組織だから人とファンガイアの共存を目指すディケイドキバでは
存在してないから名護さんや嶋さん達もいないんだろうな。そうなると、対ファンガイア用に開発された
イクサが何故あるのかという疑問が残るが。

キバフォームの状態でザンバットソードを持っているキバ。
確かザンバットソードは王が持つ剣だから王ならば形態は関係ないということか。
オリジナルじゃ出てきたのは終盤だし、エンペラー使用可能になってからずっとエンペラー使ってたから
どうしてもザンバットソード=エンペラーフォームの武器というイメージが……。
ザンバットが付いているのはディケイドでもハーフのワタルでは完全には使えないという事か?
そんなキバと新しいファンガイアは同時攻撃でレンゲルを撃破。
カズマがムツキと呼ばなかった辺り、ディケイドブレイドの世界の事件で死んだか?
アイツの場合は因果応報だが、そうなるとサクヤは完璧巻き添えだな……。
互いの獲物を構えるブレイドとキバだが、ブレイド勢が撤退し戦いはとりあえずは終了。

爆発したライジングイクサのパーツを持つワタル。そこに戦いを見ていた士達が。
ワタル曰く、戦っていたのはブレイド達を倒さなければキバの世界が消滅してしまうから。
世界の融合と崩壊が加速度的に進んでいるようだ。
そこに現れるファンガイアの女王。つまりはチェックメイトフォーのクイーン。
演じるのはオリジナルキバでも現代のクイーン・深央を演じた芳賀さん。
ゲストとは言えファイズの真理、キバの深央に続く三役目。これで常連の仲間入りか?
クイーン曰く、士達が去った後ワタルとクイーンは協力して人間とファンガイアが共存できる世界を目指していた。
実際にそれは上手くいきかけていたのだがブレイド達が現れて戦いになり、生き残りをかけて手を組んで戦う事に。
……元々共存を目指していたのなら、手を組むという表現はおかしいきがする。普通に協力で良いと思うが。
実際、戦う力を持つワタルは人間とファンガイアのハーフなわけだし。

ユウスケや士に一緒に戦ってくれるよう頼むワタルだが二人とも拒否する。
クイーンがファンガイアをけしかけるが士はディケイドに変身し、カブトばりの回し蹴り一撃で撃破。
自分の事をすべての破壊者と言い、触れるものは全て破壊すると言うディケイド。

写真館に戻り、今までの士のライダーベストショットを見る一堂。
振り返ってみるとカズマもワタルも良い表情をしている。特にカズマ。
ついにライダー大戦の夢を話す夏美。現実に起こさせない事がこの世界の士の使命なのか?
そんな時、突如として鳴滝が現れる。
敵対しているはずの士に今の世界の状況を見せ、融合と崩壊を加速させている犯人がアポロガイストだと教える。
大ショッカーを倒して世界を救ってくれと頼み、消える鳴滝。
やり方はアレだが、世界の平和を第一に考えているとなると別方向での正義側……なのか?
ひとまずはブレイドの世界とキバの世界の戦いをやめさせるためにカズマとワタルの説得に向かう事に。
ユウスケはワタルの説得に動くが、士はカズマの説得を拒否。
そこは久しぶりの笑いのツボで行かせる夏美。……そういえば何所の世界から出てないんだ笑いのツボは……?

BOARDの社長室でパソコンに向かうカズマ。どうやら士達が去った後、新しく社長になったらしい。
確かにハジメはジョーカーとなってディケイド&ブレイドとの戦いで死亡、ムツキとサクヤは生死不明だから
残っている活躍していた人物はカズマしか残ってないが……なんか微妙に違和感。
ユウスケがワタルを連れてきた所で大ショッカーの存在を告げ、戦いをやめて共に戦う事を提案する士。
だが、二人は聞く耳を持たず互いに自分の世界のライダーを倒された事を責め合う。
自分の世界だけに固執してれば世界全体を救う事は出来ないと言う士だが、二人はそれは士には
自分の世界や守るべき世界が無いから言えると批判。
確かに現時点の士には無いがそれは言っちゃダメだろ。本人それ気にしてるんだから。

そんな中、キバーラがクイーンがアポロガイストと結婚する事を伝えに。
ワタルは強い組織と手を組まなければ生き残れないというが、大ショッカーの目的を知っているのだろうか?
先程士が話したばかりだし。それを知っているかどうかで味方が変わるな……。
言い争うカズマとワタル。二人を尻目にアポロガイストを倒しに行こうとする。
ユウスケも同行するというが拒否。旅をして、仲間が出来たつもりだったがただの勘違いだったようだ。
仲間なんて作る物じゃない。と言い出て行く士。
旅をしていく中でその世界のライダーと触れ合い、心を通わせる事で力を取り戻してきた士。
だが、久しぶりに会った二人には辛辣な言葉を言われるだけだった。
そう思うと、この時の士の心情が……結構来るな。
二人にコレで良いのかと訴えるユウスケ。しかし、二人は答えない。

一方、森の中ではサガとファンガイア軍団が響鬼・天鬼・轟鬼と戦っていた。
響鬼の世界まで融合を始めた事に驚きを隠せない夏美。
サガが天鬼と轟鬼を倒し、アキラとトドロキの名前を呼ぶアスム。
何でこの二人だけ当人なんだよ……ショックだ。
ライダーが潰しあうこの状況を危機と思う夏美の目の前に現れた謎の男。
こ、この声はまさか……ッ!?

サガにやられそうになる響鬼だが、大樹の援護で危機を脱出し、撃破する。
二人を倒すほど強いサガと最初互角に戦ってたギャレン、恐るべし……。
変身を解除し、大樹から詳細を聞くアスム。やはりアキラとトドロキは今ので死んだ模様。
せっかく音撃道の三つの流派が一つになったってのに……。
大切な仲間であった二人の死を悲しむアスム。仲間というお宝はまだ持っていないという大樹。
どうやら今回の大樹は響鬼・ディエンドの世界に近い模様。これなら大丈夫か?

クイーンと式を挙げるガイ。
ファンガイアの力を得たようで参列者(恐らく人間)からライフエナジーを奪い、パワーアップするガイ。
そこに乱入する士。タキシード姿はこのためだったようだ。
クイーンがファンガイアに変身。モチーフはナマコ。本当にスタッフナマコネタ好きだなw
そしてクイーンのファンガイア体は海の生物モチーフが決まりなのか?(キバだと過去も現在も真珠貝モチーフだった)
士に襲い掛かろうとするクイーンだが、過去の戦いで士が送った言葉を思い出したカズマと共に
乱入してきたギャレンが妨害! さすがギャレンだ。やってくれるぜ!!

士とカズマもディケイドとブレイドに変身する。
対するはどこからとも無く現れたファンガイア&アンデッドの混成部隊。
アンデッドが大ショッカーと組んでいた事に驚くカズマ。
我々の敵は未来永劫ライダーだけなのだと高らかに言うガイ。何と言う説得力。
一部の数少ない例外を省けば確かに殆どの場合怪人などはライダーとは敵対関係にある。
例え自分の世界を守るために組んだとしても、その構図は変わらないという事か……。

そんな中、どこかへ向かおうとするアスムに謎の男が接触する。
アスムが名を聞くと、剣崎一真と答える。分かってはいたがあえて言おう!!
剣崎キタ━━━━(゚∀゚)(∀゚ )(゚  )(   )(  ゚)( ゚∀)(゚∀゚)━━━━!!!!
この世界を本当に救いたいかと言う剣崎。だが、何か妙に暗い。
ジョーカー剣崎本人なのか、ディケイド剣崎とも呼べる存在なのか……。
どちらにしろ、あのひたむきでバカな程の熱さとオンドゥル語がなければ剣崎じゃないぜ!!

ディケイド&ブレイド勢の戦いに乱入する大樹。
士に手出しする奴は僕が倒すと言う。やべえ、今回のキャラだとマッチしまくって感動が凄まじいぜ。
しかも士の問いかけに仲間なら当然の事という。ずっと、ずっとキャラがこのままならばッ!!
連携攻撃で着実にクイーンにダメージを与え、他の敵はディエンドのファイナルアタックライドで一網打尽。
かなり手間を省略してコンプリートフォームになり、龍騎! カメンライド・サバイブ龍騎サバイブを召喚。
ファイナルアタックライドでクイーンを撃破する。これでネガの世界で召喚したライダーは全員二回出たな。
残るはガイのみ。ブレイド・ギャレン・ユウスケ・ワタル・夏美も合流し、変身した面々&出来る面々は戦う構えを。
……ここでギャレンが同じ銃ライダーのディエンドの横に立っているのが何とも。
ガイはステンドグラス風のパーフェクター?を装備したスーパーアポロガイストに変身。
世界よ動け、一つになるのだと気合を入れると本当に世界が動き出し、ブレイドとギャレンが消えてしまう。
これはブレイドの世界が消滅したという事か……?
ついに始まったかと呟く剣崎、高笑いのスーパーアポロガイスト。さて、次回はどうなるッ!?

次回はついに最終回。ライダー大戦の世界後半。
共に銃を構えるディケイドCFとディエンド。
ガイの周囲に集まる今までの世界のラスボス達。
再び現れ、ベルトを構える渡。同じくベルトを構える剣崎。
集まる九つの世界のライダー達。吼える黒目アルティメット。
開かれるライダー大戦……。全て破壊すると宣言する士。

何やらキバーラが変身するとか囁かれているが、それより嬉しいのは剣崎がキングフォームになる事。
まさか、今回ブレイドが消えたのはそのための布石……?(貴様
あのキングフォームは剣崎で無ければなれない姿。それを最後に持ってくるとは……ッ!!
頼む、変身の声は熱く変身ッ!!(ヘシン!)で攻撃時はウェーイ!で頼む!!
さらに欲を言えばロイヤルストレートフラッシュを斬撃版でやってくれ!!
ああもう次回のディケイドが楽しみすぎる!!(主に剣崎的な意味で

Wの感想はどうしよう……。ディケイドは歴代平成ライダーが出ると言うから感想を書いていたのだが。
書くとしても絶対ディケイドより簡素になりそうだなぁ(逆にディケイドは途中から気合入れすぎたw

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーディケイド 第二十八&二十九話感想

先週放送の仮面ライダーディケイド 第二十八話「アマゾン、トモダチ」と今週放送の第二十九話
「強くてハダカで強い奴」の感想。

二十八話は箇条書きでサラリと。
・アマゾンの世界にやってきた士達。今回の格好は野球のユニフォーム。
・どうやらこの世界は大ショッカーが支配しているらしく、挨拶はお馴染みのイーッ!
・アマゾンのキーとなるマサヒコ少年登場。反乱分子扱いされる一行。そこにアマゾンが現れる。

・アマゾンに変身するアマゾン。見た目が怪人っぽい? そのセリフはシンに言ってやれ。
・人々が怪人を支持するという珍しい画。流石にライダーは一般市民には手出しできないので撤退。
・大樹の解説コーナー。今回の敵は大ショッカーと手を組んだゲドン。狙いはガガの腕輪。

・イーッ!の言い方に気合込めまくりな戦闘員。さすがプロ。一味も二味も違うぜ。
・相変わらずディケイドのせいにする鳴滝。確かにまぁ、間違ってはいないけどさ……半分ネタ化してるぞそれ?

・アマゾンのアジトを探す命を受けたマサヒコ。騙すのは卑怯と思うのはまだ子供。
・正義のためなら自らの手を汚す。何気に正論だったりするガイ。
・言い訳が苦しいマサヒコ。疑いまくりな士と純なアマゾン。
・士がマサヒコの携帯を取り上げるがGPSで場所が割れる。十面鬼襲来。
・ディケイド、クウガ、アマゾンのトリプル変身。

・パーフェクターをぶっ壊すディケイド。まさに悪魔。今回のカメンライドはファイズ。
・ジャガーショックと大切断で倒すアマゾン。叫びが棒だな……。
・十面鬼の秘技、ライダー返し。クウガ返しとファイズ返しで二人をぶっ飛ばす。
・アポロガイストの攻撃からマサヒコを庇うアマゾン。だが、マサヒコは変身解除したアマゾンからギギの腕輪を奪って逃走。

以上、二十八話の簡単なまとめ。では二十九話の感想へ。

十面鬼の攻撃を受けたクウガだが、変身解除はせずにアマゾンを襲うとした怪人と戦う。
その最中、タイタンフォームに変身!見事な剣技で敵を撃破する。
いやぁ、やっぱタイタンフォームはかっけえわ。
一方、ディケイドはアポロガイストと十面鬼の二体を相手に苦戦中。
そこにディエンドが登場。ディケイドと共に戦うものの、やはり苦戦する。
ディケイドの「相手が十面鬼ならこっちは三面鬼だ」を採用し、威吹鬼・斬鬼・轟鬼を召喚するディエンド。
ええい、お前ら仲がいいのか悪いのかどっちなんだよw

ディエンドはインビジブルで逃走し、逃走しても召喚ライダーは消えない点を利用してディケイドも戦線離脱。
変身を解除するが、BLACKの世界で夏美に命を分け与えた影響が出たのかダメージが大きい。
夏美に連れられて、ひとまずは治療をする事に。
その様子を木陰から見る大樹。鳴滝がディケイドを倒してくれるならディエンドのパワーアップカードを渡すと持ちかける。
だがそこは海東らしくカードは貰い、ディケイドを倒すかどうかははぐらかす。

大ショッカースクールの保健室に潜り込み、士の怪我の治療をする夏美。
心配する夏美だが灯台下暗しと士は言う。そして、夏美は士が自分の命を分け与えた事を
ユウスケから聞いていた。内緒にしておくように言っていたが、話してしまう所がユウスケらしいな。
そこに士と同じ考えを持ったのかアマゾンとユウスケもやってくる。
マサヒコに裏切られた事にショックを隠せないアマゾン。
間の悪い事にマサヒコの姉、リツコがやってくる。机の上にあったマサヒコの写真を見せると反応を示す。
どうやら、過去に何かがあったらしい……。戦闘員を呼ばれたので、全員この場は撤退。

野球場で過去を思い出すマサヒコ。どうやら彼の父親はもう亡くなっているらしい……。
回想の中のマサヒコは生き生きとしていた。さて死んだ後と今の間になにがあったのやら。
そんな彼の前にアポロガイストが現れる。
十面鬼の元へ行き、再び自分を受け入れてくれる事を願ってギギの腕輪を届けるマサヒコ。
彼を受け入れると言った十面鬼だが、全人類怪人化計画の第一号にして受け入れるという。
大ショッカーの真の目的をしって恐怖するマサヒコ。無常にも戦闘員が彼を連れて行く……

光写真館(アマゾンのアジト)に戻ると中は滅茶苦茶に荒らされ、キバーラと栄次郎さんも居なくなっていた。
士はこの世界から移動する気満々。唯一の居場所を奪われ意気消沈するアマゾン。そんな彼に一緒に行こうと誘うユウスケ。
そんな行為に疑問を持つ夏美。士が野球のユニフォームを着ていたのは、マサヒコを写真の頃の少年に
戻すためではないかと言う。
確かにそれもあるが、仮面ライダーならどんな逆境であっても決して諦めずに戦うのがスジだろう?
映画でGACKTも言っていた。「命ある限り戦え。それが仮面ライダーだ」と。
悪に染まりかけている世界・人々を救わずに逃げ出すなど仮面ライダーの行なう事ではないッ!!
……そう考えると士って仮面ライダーの主役っぽくない主役なんだよな。どっちかといえば草加タイプ。

大ショッカーの改造手術により、ナマコ怪人にさせられそうになるマサヒコ。
……スタッフナマコネタ好きだなぁ。
そこに現れる戦闘員二人。科学者二人を気絶させてマサヒコを助ける。
正体は士とユウスケ。大樹からマサヒコの危機を聞いて駆けつけてきた。
……劇場版で大樹も戦闘員変装したな。レギュラーライダー全員変装経験ありかよw
危険な目にあったため素直になり、大ショッカーの計画を二人に話すマサヒコ。
計画を聞いた士は阻止するためにユウスケにマサヒコを任せて動き出す。

ユウスケとマサヒコが共に行動する中、リツコに会う。
アマゾンが誰も信じられくなった事を聞き、責任を感じてギギの腕輪の奪還を決意するマサヒコ。
光写真館に戻り、事の顛末を話すユウスケとリツコ。
どうやらこの二人、父親を亡くして出来た穴を大ショッカーにすがる事で埋めようとしていたらしい。
その事を自覚してのあの行動か……。ま、数ヶ月前に可愛がっていた飼い猫を失った身としては分からなくも無いが。
リツコに懇願されたアマゾンも動き出す。

ギギの腕輪とガガの腕輪の二つが揃ったことにより超古代文明の力を使えるようになった十面鬼。
その力で自警団の男を怪人に変える。超古代文明スゲーけど、これじゃ無茶苦茶時間掛かるんじゃね?
そこへディケイドがディメンションキックを放ちながら強襲をかける。
が、十面鬼のディケイド返しで返され、互いに吹っ飛ばされるがディケイドは変身解除してしまう。
ディケイドの分もあるって事は……平成主役全員分の返しがあると考えていいのか?
倒れている隙を狙って十面鬼からギギの腕輪を奪おうとするマサヒコ。振り払われるも、何と腕輪を奪還。
マサヒコはアマゾンのときも結構簡単に奪ってたが……それでもスゲエや。

今までの行いを謝罪し、世界を救って欲しいと頼むマサヒコ。その頼みを聞き入れ、トモダチと言うアマゾン。
アポロガイストと十面鬼に向けていつもの如く説教をぶちかます士。
いつもの如く通りすがりの仮面ライダーと名乗り、アマゾンとダブル変身。

二人でアポロガイストと十面鬼の二体に向かうが、相手はかなり強く苦戦気味。
ディケイドはアマゾンにライドブッカーを渡し、攻撃を避けながらケータッチを入力。
最初はゆっくりだったが次第に早く。今じゃ攻撃を避けながらとは……。大変だ。
コンプリートフォームになると、ライドブッカーを回収。途端に押し始める。
アマゾンも大切断をアポロガイストに見舞うがまだまだしつこく生き残るアポロガイスト。
……コイツ、もしかしてTV版ディケイドの最後の敵ってことか?

ガガの腕輪を狙う大樹も参戦。ディエンド変身時に飛ぶプレートで十面鬼を攻撃するがそれを難なく防ぐ十面鬼。
新たなカードと称してアタックライド・イリュージョンを使用し四体の分身を生み出す。
これが鳴滝の持っていたパワーアップカードの力なのか、それとも変身時に使ったのか……それが分からん。
分身による多数方向からの攻撃を利用してガガの腕輪を奪うディエンド。
だが、それと同時にディケイドのカードにアタックライド・GAGA NO UDEWAが現れる。
そのカードを使用すると、ディエンドの持っていたガガの腕輪がディケイドの腕に。
お宝を盗まれる怪盗ほど情けない物はないなw

アマゾンと共に連続攻撃を加えるディケイドCF。
さらにファイズ! カメンライド・ブラスターファイズ・ブラスターフォームを召喚。
カブトと同じく二回目の召喚だな。
ディケイドCF&ファイズ・ブラスターのファイナルアタックライドとディエンドのファイナルアタックライドによる同時攻撃。
十面鬼はこれを受けても死なないあたりさすが大ボス。ディケイド返しとファイズ返しで返せそうだが
同時に返せるのは一人までらしい。……どっちを返してもディエンドは必ず残るしなぁw
何気に前回ファイズ返しされ、今回ディケイド返しされたためリベンジでもあるこの攻撃。
って、ディケイドCFの攻撃ライドブッカー・ソードモードから出てるじゃねえかw

立て続けにファイナルアタックライド・アマゾンを発動。ガガの腕輪がアマゾンへ。
スーパー大切断を決め、ついに十面鬼を撃破!! 四人のライダーの必殺技でやっと倒せるとは……。
今までのボスの中で一番強いんじゃねえか? 十面鬼。

戦いが終わり、野球場でユニフォームを着てキャッチボールをするマサヒコとアマゾン。傍らにはリツコの姿も。
この世界の大ショッカーのボスである十面鬼を倒したことで大ショッカーの影響力も弱くなっていきそうだ。
平和を取り戻すにはまだ時間が掛かりそうだが、きっとそれは安住の地を見つけたアマゾンが遂げてくれるだろう。
だが、何処かの世界でついに大ショッカーの本拠地が……。

光写真館に戻るといつの間にか栄次郎さんとキバーラは居た。何気に混ざる大樹。
次の世界の絵は最初の夏美の夢の如くディケイドに向かう平成ライダー達。
そう、TV版ディケイド最後の世界。ライダー大戦の世界。
この絵、ちゃんと平成ライダー主役全員揃ってる上にデンライナー・ドラグレッダー・キャッスルドラン・リョクオオザルと
一話に出てきた巨大なライダーの仲間・サポートが揃ってるんだよなぁ……芸が細かい。

次回はライダー大戦の世界。
キバの世界のワタルとブレイドの世界のカズマ、響鬼の世界のアスムが再登場。
そして、何と何と何と、オリジナルの剣より剣崎一真がゲスト出演!!
演じるのはもちろん椿さん!! 最初は気付かなかったが各所で剣崎出演の情報を得て見直したら
本当に剣崎。嬉しさのあまり「ケンジャキィィィィィィッ!?」と叫んじまったぜw
これは嬉しい。嬉しすぎる。斬鬼さんよりもおとーやんよりも新世代ライダーズよりもてつをよりも嬉しい。
一話の渡のように本当にオリジナルからなのか、斬鬼さん達のように名前と姿は同じでも別人なのか。
後者の方が確立が高そうだがそんなことはどうでもいい。ブレイドかジョーカーに変身してくれ。
万が一キングフォームになるような事があったら俺は嬉しさのあまり悶絶する。
さらにオリジナルファイズで真理を、オリジナルキバで深央を演じた芳賀さんも出演。
キバの世界のワタルが出ているのを考えると、キバ枠で登場かな?
……どうせだったらゲスト枠増やしてブレイドから橘さんか始を、キバから名護さんを出してくれ。
ライジングイクサでるらしいからせめて名護さんは声だけでも!!

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーディケイド 第二十七話感想

日曜日放送の仮面ライダーディケイド 第二十七話「BLACK×BLACK RX」の感想。
そういえば明日はいよいよクライマックスヒーローズの発売日。
どんなゲームに仕上がっているのやら。

アポロガイストを追い、オーロラの壁を潜り抜けたディケイド。
その先はBLACKの世界で光太郎が変身した仮面ライダーBLACKに襲われる。
ライダーパンチからライダーキックに繋ぐBLACKの必殺コンボを喰らいそうになるが、ディエンドの射撃でキックは受けずに済む。
さらにディエンドはファムを召喚。BLACKの相手をさせる。
真っ黒なBLACKと白を基調としたファム。正反対の色をぶつけたのかと思いきや、女性の相手が苦手だと判断しての召喚。
他に女ライダーと言うと……ラルク、天鬼、イクサぐらいだろうか? イクサは映画やルーク戦限定だったが。

ファムがBLACKの相手をしているうちに退散する二人。
ここで大樹からこの世界がBLACKの世界である事を聞かされる士。
やはり過去はBLACKとBLACK RXは繋がっていたがディケイドでは別世界同士らしいな。
夏美を救うために手を組まないかと持ちかける士だが大樹はこれを拒否。
士は本気で夏美を助けようとしているが、パーフェクター争奪をゲームだと言い張る大樹。
これは流石の士も頭に来たのか大樹を思いっきりぶん殴る。よくやった!!

街中を普通にあるくガイ。
植え込みの花を手に取るが、すぐに枯れてしまう。パーフェクターを使わなくても命を吸い取れるのか。
はたまた人の命を吸い取るのにはパーフェクターが必要なのか。
そんな中、あのミラーワールドの頭に響く特徴的なキーン音が鳴り響く。
音の原因を知っているのか、ガイが周囲を見渡すと近くの車のフロントガラスからディケイド龍騎が!
ミラーワールド内を駆け回って探したらしいが、確かミラーワールドって龍騎の世界の鏡の中だけに存在するんじゃーなかったか?
いや、そうじゃないとミラーモンスターが出てもライダーデッキが無いと対処できないし。
……まあこういう問題はディケイドだからな。で意外と片付けられるんだがw

ガイもアポロガイストに変身し、戦いを始める二人。
戦う前に機嫌が悪いと言ったディケイドだが、本当に機嫌が悪いようでアポロガイストを押す。
そんな中、逃げ惑う人々の中で転んだ子供を人質にとるアポトガイスト。何と言う昭和テイスト……だが俺は好きだ。
子供を人質に取られ、動けなくなるディケイド龍騎。そこにディエンドが登場。
子供が居るのにも関わらず、ディエンドライバーを発射するが、ディケイド龍騎が自分の身を盾にして防ぐ。
ダメージでディケイドになりつつも、ディエンドに子供はどんな世界でも宝だというディケイド。
お前は天道か! (天道だと「おばあちゃんは言っていた。子供は宝物……この世でもっとも罪深いのは、その宝物を傷つける者だ」)
子供を助けるための行動を見て、考えを改めたBLACKが参戦。
状況を不利と判断したのか、この世界から出られないと言い残して逃げるアポロガイスト。

この世界の光太郎はアポロガイストの事を知っていた。
BLACKとしてゴルゴムと戦っていたが、大ショッカーと手を組み、その仲立ちをしたのがアポロガイストだったため知っていた。
また、大ショッカーが世界を自由に移動できるのは何者かが世界を繋ぐ橋を作ったからだとの事。
……光写真館の移動もこれを利用していると考えればいいのか? 栄次郎さんは死神博士だし。
BLACK RXの世界での士と同じ悩みを持つ光太郎。
しかし、BLACK RXの世界で行方不明になっていた霞のジョーはBLACKの世界に流れ着き、そこでも光太郎の仲間だった。
最近知った話だが、霞のジョー役の力也さんにもオファーは来てたそうだが本人が断ってしまったらしい。うーん、残念。

そこに大ショッカーに加わったトロンベ――じゃない、シュバリアンが登場。
どうやらクライシス帝国も大ショッカーと手を組んだようだ。
BLACK RXの世界の光太郎が自分に送った言葉をBLACKの世界の光太郎に送る士。
光太郎はその言葉で改めて戦う事を決意しディケイドとBLACKに変身!!
さらにディケイドは一段階すっ飛ばしていきなりファイズ・アクセルフォームにカメンライド。
アクセルモードを起動し、マンティスファンガイアとスコーピオンイマジンを一気に撃破。
……なんか物足りないと思ったら、締めがアクセルクリムゾンスマッシュじゃないからか。
どっちかと言うと今回の締めはカブトのライダーキックっぽかったしな。
ま、音声がしっかりスタートアップとタイムアウト両方あったのは良かったが。
シュバリアンはさらにクライシスの戦闘員を呼び出す。
そのオーロラの壁に映ったのはBLACK RXの世界と対峙するガイと光太郎!
シュバリアンに組み付かれながらもBLACKがキングストーンフラッシュを放ち、戦闘員を倒すと同時にオーロラの壁に干渉する。
その援護を受けてディケイドはBLACK RXの世界へ舞い戻る!!
相変わらず世界の壁を越えるのは大変らしく、ディケイドのままだった今回は変身解除させられる。

一方、病院では夏美の命の炎が消えかけていた……。
士の名前を呼びながら伸ばした手をユウスケが心配そうにつかむが……

新たに出現させたオーロラの壁から様々な怪人を呼び出すガイ。
強大な大ショッカーの力の前ではライダーに勝ち目は無いと言うガイだが、毎回の如くそれに逆らうセリフを言う士。
ディケイドに変身すると、二つの世界の光太郎と心を通わせたためかBLACKのカードが出現。
これは力を取り戻したというより追加されたと言うのがいいのか?
そしてこのカードと同じ仕様のものが現在稼働中のガンバライド第5弾で排出されるぜ(既に持ってる)。
ちゃんとディケイドライバーに入れるとカメンライド・BLACK! と言うんだな、これが。
同じような仕様のカードが新一号・新二号・V3・ストロンガーにも。
出来たカードだが、ディエンドが君には使えないと言って取り、自分が使用。
何と現れたのはBLACKの世界の南光太郎! BLACKとBLACK RXの世界が別世界であるディケイドだからこそ出来る夢のシーン!
個別に変身ポーズを取り、変身!のセリフを言って仮面ライダーBLACKと仮面ライダーBLACK RXに変身!!
何と言う世代泣かせの演出。世代じゃない俺がここまで興奮するんだ、世代だったらヤバイぞこれ。
横一列に並ぶディエンド・ディケイド・BLACK RX・BLACK。さあ、戦闘開始だ!!

BLACKとBLACK RXはコンビを組み、ディケイドとディエンドは個別に戦う。
ディエンドはファイナルアタックライド・ディメンションシュートで怪人を纏めて撃破。
ディケイドはコンプリートフォームになり、アギト! カメンライド・シャイニングアギト・シャイニングフォームを召喚。
ファイナルアタックライドでシュバリアンを撃破する。……個人的には出てきて速攻必殺技よりもう少し普通に戦って欲しいが。
あと、剣持ちのライダーの攻撃は殆ど一緒に見える。もう少し変化を。

アポロガイストと対峙するディケイドCF&ディエンド。
あれだけ仲が悪かったのが嘘に思えるようなコンビネーションでパーフェクターを奪う!
だが、喜びもつかの間。ディエンドが奪いインビジブルで逃走してしまう。
ユウスケの知らせで夏美の異変を知ったため、ディケイドはこの場をBLACKとBLACK RXに任せて撤退。
あえて1vs1の戦いをアポロガイストに挑むBLACK RX。

急いで病室に戻ると、既に夏美の命の炎は消えていた……。
悲しみにくれる士とユウスケ。そこに何故か大樹が現れる。
無神経な発言連発で逆上する士だが、大樹はパーフェクターを差し出す。
僕を見ていてくれと言うが、完全に意味不明。どうせ差し出すなら先回りして夏美治してやれよ……。
大樹が去った後、命を吸い取れるなら放出も出来ると考えた士が自分の命を吸い取り、夏美に与える。
吸い取る命の量って加減できるのか? てか、パーフェクターに吸い取った命は溜まらないのか。
そのおかげで目覚める夏美。さて、士のこの行為による影響は今後ちゃんと現れるのかねえ?

激しい戦いを繰り広げるBLACK RXとアポロガイスト。
BLACK RXがリボルクラッシュを決めようとするが、アポロガイストがゴルゴムの怪人を呼び出す。
たまらずBLACKも参入し、ライダーパンチで怪人を撃破する。
そしてアポロガイストに向けてダブルライダーキックを見舞う!!
しかし、アポロガイストはパーフェクターで命を吸い取らなければいけない割にはしぶとく、覚えておれと昭和チックな捨て台詞を吐いて撤退する。
決着は……この後付くのか? それとも劇場版か?

戦い終わり、BLACKは召喚が切れて消えてゆく……。
その様子を橋の上で眺める鳴滝。大ショッカーが動き出したのもディケイドのせいという。
……まー、確かにそういえる部分もいくつかあるが、アンタが言うと単に何でもかんでもディケイドのせいにしたがっているようにしか思えん。
そして暗闇に映るシルエット。このシルエットはまさか……信彦か!? 信彦なのかッ!?
去り際に光太郎に霞のジョーからの伝言を伝える士。
離れていても仲間は仲間。こういうセリフはやはり昭和の方が良く似合う。
今回の写真はやはりW光太郎。表情がステキ過ぎるぜWてつを!!

今回はやはりWてつをの存在が大きすぎる。まさにてつを祭り。
大樹は……次回は多少性格がよくなっていることを祈りたい。

次回はアマゾンの世界。……ってアマゾンとはまた微妙(失礼)なのが来たなぁ。
……敵の十面鬼は非常にカッコイイが。
さて、映画公開前の最後の話だったが、今回は非常に良かった!!
これは映画にも期待大!!

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーディケイド 第二十六話感想

一昨日放送の仮面ライダーディケイド 第二十六話「RX!大ショッカー来襲」の感想。
平成の枠を飛び越えていよいよ昭和の世界へ飛び込むディケイド。さあどうなる?

RXの世界へやってきた士達。
今回の士の格好は……霞のジョーの格好。Wikiによれば最初は敵だったが、洗脳が解けて味方になった人物の模様。
ちなみに、演じていたのは小山力也さん。24のジャック・バウアーの吹き替えやメイドガイのコガラシ、うたわれのハクオロ役の人だな。

家族について楽しく?語っていると、格好のせいかクライシス帝国のシュバリアンというロボット型の敵と戦闘兵に襲われる。
そこに颯爽と現れたのは倉田てつをこと、南光太郎。
昭和特有の気合の入ったポーズを決め、太陽の子・仮面ライダーBLACK RXに変身!!
戦闘員なんぞ歯牙に掛けない強さを見せ、リボルケインを手にシュバリアンへ向かう。
だが、ロボットだけあってか硬く、攻撃が通用しない。
そこで目には目を、ロボにはロボをという事で悲しみの王子・ロボライダーにチェンジ。
ボルティックシューターと頑丈さを武器にシュバリアンを撃ち合いで追い込む。
RXの強さはチート級とか聞いていたが、思ったほどではなさそうな?(シリーズ通しての主役じゃないのも関係してるか?)

突如、オーロラの壁が現れ中からジェリーフィッシュファンガイアとスコーピオンイマジンが出現。
ロボライダーが攻撃するが何故か攻撃か効かず、RXに戻ってしまう。
夏美に霞のジョーと言われ、ツッコミを入れつつも士はディケイドに変身。RXに変わってファンガイアとイマジンの相手をする。
どうやらディケイドの名はクライシスにもRXにも伝わっているらしく、敵味方共に反応を見せる。
途中でディケイドはアギト・グランドフォームにカメンライド。……最強フォームのシャイニングは太陽の光を浴びて発現したが……それ繋がりか?
ファイナルアタックライドでライダーキックを発動。ファンガイアを撃破する。何気にアギトは単体必殺技発動二回目。
クロスホーン展開はいいが、ちゃんとポーズとアギトの紋章を出して欲しかったなぁ……。
不利と見たのか、イマジンとシュバリアンは退却。

RXにも世界の破壊者と伝わっていたディケイド。RXが攻撃しようとするが夏美が庇うように前に出て説得をする。
その熱意と真っ直ぐな瞳を見たRXは変身を解除し、信じる事に。
光太郎の話では、クライシス帝国と戦っていたが最近になってファンガイアやイマジンのような別の敵が出てくるようになったらしい。
霞のジョーはその調査をしていたが、消えてしまったそうな。
その謎の調査と解決が士の役割らしいが、幾つもの世界を渡って事件を解決しても自分の世界が見つからない事に対して不満を覚える士。
光太郎は仲間のため、皆のために戦っているがそのために一生戦うのかと疑問を投げかける士。
確かに、士は最初の9つの世界は世界の破壊を防ぐために巡り、戦っていた。
が、その役目が終わった今は士の中では自分の世界を探す方に比重が傾いているみたいだ。
世界ごとに帰る場所は光写真館があるが、やはりちゃんとした帰る場所=自分の世界=家を求めているのか……。
この考えが映画でGACKTが言う「命ある限り戦う……それが仮面ライダーだろ!」に繋がる……のか?
……ってそういえば仮面ライダーって話が終わった後もまだ戦いの火種は殆ど残ってるな。
平成でそういうのが無い本当の戦いの終わりが示されてるのはクウガぐらいか?

光太郎と別れ、着替えた士は写真撮影。やはり世界が取られたがっていない模様。
先程光太郎に言った事に対して改めて夏美と話すが、士は仲間と言うのが大嫌いな模様。
ユウスケが素直じゃないと言うとおり、これは絶対本心じゃないな。でなきゃユウスケとあんないいコンビは組めないって。
その最中、再びオーロラの壁出現。中から現れたのはマンティスファンガイアとスコーピオンイマジン。
そして謎の男=ガイが出現。自分達の事を世界の秘密結社が大結集した大いなる大組織、大ショッカーと言う。
どうやら、世界の融合だけでなく悪の組織同士も融合を始めたらしい。
名乗りを上げると、ガイはアポロガイストに変身。Xからの登場で恐らくアポロ=ギリシャ神話の太陽の神繋がりかと。
士はディケイドに変身しようとするが、なんとアポロガイストに先手を打たれ、ディケイドライバーを弾き飛ばされる。
命の炎を貰うと言って頭部のパーツ?を向けられるが、夏美が士を庇いパーツから発せられる光線を浴びてしまう。
エネルギーのようなものを吸い取られた夏美は力無く倒れる。ユウスケがクウガに変身し、アポロガイストに向かうが逃げられてしまう。
アポロガイストがクウガの事を知っていたって事は、大ショッカーに情報が届いているのか。
……色んな組織が集まっているからライダーの情報が集まるのは分かるが、クウガの敵のグロンギは滅んでるぞ?

中々戻ってこない夏美達を心配する栄次郎。ここで死神博士のマントを広げたから一瞬正体を現すのかと思ったが、実際には単なるアイロンがけ。
……アイロンをかけるって事はやっぱり正体を現す日は近いのかなぁ……。
その夏美はというと、病院で倒れた原因を調べてもらうも結局は不明。
ただ、命は危ない状況であるとの事。
見舞い?に鳴滝が来るも、ディケイドに関わった者は自身を含め全て消え行く定めであると言って消えてしまう。

屋上でその事について考える士。ユウスケは信じないというが、凹んでいる所に言われたからかかなり気にしている模様。
そこに大樹が現れたため、アポロガイストの事について尋ねる士。
夏美の命を危険にさらしている道具がパーフェクターという人の命を吸う道具だという事が判明。
大樹の説明の中に少しだが仮面ライダーXが登場し、Xの世界の存在が示唆された。
パーフェクターを奪う事を決心する士。だが、大樹はその邪魔をすると宣言。
以前士は大樹の邪魔をすると言ったがこの状況で返してくるとは……。
人の命が懸かっていなければリベンジかと思えるが、今のこの状況だと最悪だな。
てか、大樹は響鬼・ディエンドの世界じゃ良い奴だったが、シンケンからは初登場の時よりも嫌な奴になってるな。
やっぱ大樹の宝集めの理由は兄を救うための方が良かったなぁ……。そうすればここも同意はしないがある程度の納得はするんだが。

ユウスケに夏美の事を頼み、戦う決意を改める士。
ここでユウスケに足手まといと言ったのは、多分自分のせいでユウスケを夏美と同じ目にあわせたくないというのもありそうなんだがなぁ。
クライシス帝国と大ショッカーの激突する中、戦いに向かおうとする士。そこに光太郎が合流。
仲間のためになら一生戦い続けると力強く宣言し、夏見の事もあってか同調する士。
変身時間が違うため、変身の声は一緒ではないがディケイドとBLACK RXに変身!!
……こうやって並んでみると、改めて昭和のライダーは変身の声とポーズに気合入ってるなぁ。
変身完了と共に二大勢力の戦いの場の中へ突撃するディケイド&BLACK RX。

クライシス帝国の相手はRXが、大ショッカーの相手はディケイドがするがアポロガイストの持つ巨大な盾にディケイドの攻撃は防がれてしまう。
ここでディエンドが登場。ガンバライド版風のアタックライド・ブラストで大ショッカーに攻撃。
口ではあー言っていたがやはり助けに来たのかと思ったが、ディケイドに向けてヘクラスケタロスを召喚。
……チィッ、やはりコイツに期待するのは無駄だったか。
が、その当人も大苦戦。インビジブルで逃げる始末。……これって透明になる効果だけなのか?
だったら普通消えた瞬間に攻撃されたから当たるはずだが……。
ロックマンEXEに同名のチップがあるが、それみたいに透明になって攻撃が当たらなくなる……のか?
むしろ透明になってその場から瞬間移動と考えた方がいいか?
ここでアポロガイストがゴルゴムの敵を呼び出すが、RXは新たな敵かと反応。
オリジナルならBLACKとRXは繋がってるからゴルゴムの敵なら何かしらリアクションがあるが……
それが何も無いと言うことはやはりオリジナル世界ではなく、単なるRXの世界と言う事か。

ディエンドが逃げても消えないヘクラス・ケタロスに苦戦するディケイドはコンプリートフォームに変身。
カブト! カメンライド・ハイパーハイパーカブトを召喚。コンプリート初登場時も登場したのでこれで二回目の登場。
カブトは光を支配せし太陽の神とも呼ばれるのでこれもまた太陽繋がり。……太陽繋がり多いなぁ。
今回はパーフェクトゼクター装備のためファイナルアタックライドでゼクターを使用した射撃攻撃で二体纏めて撃破。
最初はマキシマムハイパーサイクロンかと思ったが、装甲が展開してないからカブトパワー使用と思われる。

アポロガイストに向かうコンプリートフォームだが、ここで一人逃亡しようとするアポロガイスト。
RXが怒りの王子・バイオライダーに変身し体をゲル状にして残った四体の敵全員を一箇所に纏め、相手をする。
……ロボライダーの時の発言訂正。やっぱチート級の強さだなRX。

アポロガイストを追ってオーロラの壁に突っ込むディケイド。
激しい干渉に勝ち、何とか壁を抜けるもコンプリートフォームが解除される。
別の世界にたどり着くと、そこには黒い服のてつを――もとい光太郎が。
RXの世界のままかと思ったが、誤解が解けたはずの世界の破壊者と見なされ、光太郎は仮面ライダーBLACKに変身する。
うーん、この拳をギリギリと握り締める変身ポーズ、たまらねえ。
そしてガンバライド第5弾で昭和初のLR設定おめでとうございます。何が何でも当てさせてもらいますぜ!!

次回はRXの世界(BLACKの世界も含む?)の後編。
今のところ主戦場がどっちになるか分からないが、アポロガイストのセリフから察するとBLACKの世界っぽいかな?
コンプリートのカメンライドではアギト・シャイニングフォームが登場。これもまた太陽繋がり。
ドアップだったが龍騎も登場するみたいだな。
いや、それより驚いたのは二人の光太郎がBLACK&BLACK RXに変身するって所だ。
これぞまさしくRXの代名詞「その時、不思議な事が起こった」
ディケイドだからかRXにオリジナルのようなチート級の強さはなかったが……これであったらクライシス帝国終了のお知らせだな。
いや、大ショッカー終了のお知らせか?(全世界の悪の組織終了的な意味で)

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。