スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」感想

一昨日放送の仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」の感想。
さて、そろそろサウンドガイアメモリの再販版が出るはずなので明日ガイアメモリUSBの受け取りついでに捜索を。
Wの4メモリは眼中に無いが、電王メモリとファイズメモリは確保したい。特にファイズ。

かなり怒った様子で事務所に踏み込んできたクイーン&エリザベス。
何でもフーティックアイドルという視聴者型の歌謡番組に二人とも出演。
この番組、三週勝ち抜けば無条件でCDデビューができ二人はその目前の三週目まで行った。
が、対戦相手のジミー中田という男に負けてしまったらしい。
単に相手が上手かったからと極普通の意見を言う翔太郎だが、二人曰くジミーの歌は超ドヘタで死ぬレベルらしい。
ちなみに二人が歌っている場面があったがさすがはAKBのメンバー。かなり上手い。
結局翔太郎は二人に押し切られる形で審査に不正があったかどうかを調査する羽目に。
なお、フーティックアイドルのナレーションは三種類あるダブルのネトラジの一つ「FU-TO Hit on Groove」で
お馴染みのDJ HURRY KENN。
審査員にはOPを歌う上木彩矢さんとTAKUYAさん、そしてアニソン界の重鎮。兄貴こと水木の兄貴!!
「その程度のシャウトで、人の心は揺さぶれないゼェェェェット!!」……うん、兄貴が言うと不思議な説得力が。
そしてゼットはもはやお決まりか。いや兄貴にとっちゃ代名詞かつお決まりだけどさ。

実際にジミーの歌を聞きに行く事にした翔太郎&亜樹子。
色紙に詩を書くおっちゃんや南京玉簾をやる人などがいる中で噂のジミーを発見。
見た目は中々だが、彼が歌おうとすると耳栓&ヘルメットをする人あり逃げ惑う人あり、さらには近くの店が
シャッターを締めてしまうとなんだか不穏な空気。
そしてその歌は……クイーン&エリザベスが指摘したとおり、いやそれ以上のヘタクソっぷり。
周りの人は皆もがき苦しみ、小さな風車が倒れ飛んでいた鳥が地面に落ちるというジャイアンレベル。
もはや音響兵器の域であり亜樹子は腹痛を、翔太郎は呼吸困難を訴えてしまう。
これならクイーン&エリザベエスでなくても不正を疑うと納得する翔太郎。

OPは特別バージョン。フーティックアイドルのスタジオセットで上木彩矢さんとTAKUYAさんが熱唱。
なお、今回は前半部分がお二人の映像だったが次回は後半部分が変わる模様。

歌い終わったジミーに歌のジャンルを聞く翔太郎だが、ジミーはスピックと答える。
スピニングトゥフォークのの略らしく、要約すればフォークに色々混ぜた物。
その音楽性を理解できない翔太郎。ジミーがセンスが古いと言うとケンカ腰になるがファンらしき女性がジミーに同調。
ジミーの音楽を聞くならもっと勉強しろと言ってなにやら手製の冊子を渡す。
……こういう小道具は何故か無駄に細かく作られている。それが最近の特撮クォリティ。
ジミーを見ていて妙にイライラする原因が自分に似ているからだと特定する翔太郎。
すまん翔太郎。どこが似ているのかが全ッ然分からないんだが。

一方園咲家。冴子はどうやらWのメモリの男の事が気になるらしい。
若菜はどうにもその男とは親しくなりたくないようだが。そして新しい恋かと首を捻る琉兵衛。
これに関しては霧彦さん役の君沢さんのブログにコメントが。

「冴子~~~~っ!! 浮気はダメだぞぉ~~~~~~~~っ!?!」
(↑何故かバンジー中の写真と一緒に


……出番終わってもぶっ飛びすぎですよ霧彦さーん!?
何気にフーティックアイドルを楽しみにしている若菜。
自身が大人と評した冴子と比べて若菜のまだまだ子供っぽい様子に琉兵衛は少々呆れ顔。
そういえば本格的にミュージアムに関わってから若菜のアイドル業ってどうなってるんだろうな?
照井初登場時にラジオで検索暴走したからまた続けているとは思うんだが。

実際にフーティックアイドルのスタジオにやってきた探偵事務所トリオ。
ジミーの音響兵器にはスタジオの客も若菜も大ダメージ。
観客が大ブーイングする中、審査員の三人は何故か大絶賛。
その大絶賛振りに驚く亜樹子と客は正気だと真顔で言い切る翔太郎。真顔で言うな真顔でwww
そこには真倉刑事と竜の姿も。竜は前回服がボロボロになったので初めて別の服で登場。
どうやら翔太郎達とは別の目的――電波塔の道化師なる人物を追ってここに来たらしい。
問題は審査員にあると踏んだ翔太郎。するとフィリップが間近で見てみようかと嫌な笑顔で提案。
その提案とは――飛び入り挑戦者バトルなる企画で飛び入りするという物。
挑戦者を選ぶの審査委員長の兄貴のクセを検索で見抜き、見事に挑戦権を獲得するフィリップ。
一応正体がバレるとマズイのは本人も自覚しているため黄色い覆面をつけており、さらに翔太郎の分の青い覆面も用意。
僕達は二人で一人の仮面シンガーだとまで言い翔太郎を巻き込んで歌う気マンマン。
その姿をスタジオ屋根裏で見るドーパントが一体。こいつが電波塔の道化師らしく、その下には既に竜が。
早速アクセルに変身して戦闘準備万端な竜。いや、やる気マンマンすぎるだろ!?

結局は半分ヤケになりつつもフィリップと共に歌う翔太郎。
歌う曲は「Finger on the Trigger」でどうやら翔太郎のカラオケの十八番らしい。
この曲はルナトリガーのテーマ。そしてフィリップの覆面の色は黄色(ルナ)、翔太郎の覆面の色は青(トリガー)。
コレ絶対狙ってるだろwww ご丁寧にソウルサイド・ボディサイドまで合わせてるしwww
なお、この二人歌自体はかなり上手い。特にフィリップ。これ、CDのボーナスでFullVerで収録してくれいやマジで。
会場もノリノリ、様子を見に来た真倉刑事もノリノリ。ジミーは素人の二人の歌で会場が沸いていることに驚き。
そして歌っている途中で翔太郎の覆面が取れ、歌っているのが翔太郎だと若菜にも分かると連鎖反応で相方が
フィリップだと理解。顔は分からないが初めて見れたフィリップの姿を見るその姿は間違いなく恋する乙女。
琉兵衛が居たらかなりヤバかったが……幸いにして琉兵衛は居ない模様。

二人の歌に乗せてアクセルもドーパントと戦闘。
ドーパントが何かを飛ばすがアクセルには通用せず終始アクセル優勢のまま戦闘は進み、メモリの種類を
聞き出そうとするアクセル。ドーパントはLOVE、愛のメモリだと答える。一応頭文字サブタイとは合ってるな。
結局は相変わらず名称不明のエンジンのマキシマムドライブで眼前をA型に切りその斬撃を飛ばしてメモリブレイク。
何故かドーパントが言った通り、その場にはメモリブレイクされたメモリが。
しかしドーパントに変身していた人物は逃げた模様で見当たらず。……何か引っかかるな。
ここでフーティックアイドルも決着。勝者は何とジミー。これには客もブーイング&物投げつけの嵐。
翔太郎とは仲の悪い真倉刑事もこれには怒る。……前回・前々回ので少しは仲が良くなったのか?
その当人はこれで不正があったと確証を得る。そのことをジミーにも言うが相手にはされず。

事務所に戻った後、竜から電波塔の道化師の話を聞く一同。
どうやら結構な被害があったらしく竜達は調査していた模様。で、コイツがジミーの件にも関わっていた訳だ。
メモリをブレイクしたので悪事は出来ないと証拠付きで言う竜。
しかし、ブレイクして回収したはずのメモリは壊れたすこんぶの空箱だった。
どうやら竜も何かの暗示に掛かってしまっていたらしい。
その事を翔太郎が小馬鹿にすると八つ当たりでアイアンクローをかまし、フィリップに検索を頼む。
フィリップもこれを快諾し、翔太郎と亜樹子はジミーを探す事に。

サンタちゃんにジミーの事を頼んでいたのか、前にジミーと会った場所で会うがジミーの姿は無し。
詩人のおっちゃんに二人の心にグサリとくる言葉を貰いつつもジミーのファンの女性の事を思い出し
サンタちゃんから情報を貰って彼女の元へ。
彼女が働いている工場へ行くと早速彼女の姿を発見。しかし、同僚に心配されるようにシフトの詰め過ぎで無理が
祟ったのか倒れてしまう。……無理はしちゃダメだぞ。実際休み無し6連勤で倒れかけた奴がここに居るしw
近くの病院に連れて行くも医者の言葉を無視し動き出そうとする女性。……病院で井坂だと橘さんを思い出すのは
俺だけか……。一瞬薬でシュルトケスナー草……だっけ? あのもずく草思い出したしw
ジミーを合格させた犯人かと翔太郎が問い詰めるも否定する女性。しかし合格させたのは彼の事を思ってではなく
自分のため、人生に楽しみの無い自分にはジミーが必要だと言う。
それなら自分のために他人をぬか喜びさせるんじゃなく、自分も相手も喜べるような手段を取れよアホが。
このタイミングで検索も完了。さて、そのメモリは…………

彼女の後を追いかけると、電波塔の道化師のドーパントが。
どうやら女性はお金でジミーの合格を依頼していたらしい。シフトを詰めていたのはそのお金のため。
が、足りないと言い給料袋を飛ばすドーパント。
これには翔太郎も怒り心頭。工場のチェーンを利用したキックでドーパントを蹴り飛ばす。
何やらドーパントが言葉を針に変えて飛ばすも、翔太郎に当たる寸前でアクセルが止める。
検索で分かったメモリの正体はライアー、嘘吐きのメモリ。頭文字もLなのでサブタイと一致。
こいつの能力は言葉の針を相手に刺し、自分の嘘を相手に信じさせるという物。
審査員はこの能力でジミーは最高だと思わせ、アクセルとの初戦のラストはアクセルが手で針を弾いてしまった
ためメモリブレイクの嘘が通用したという訳(それ以外は全部エンジンブレードで防いでいた)。
ついに翔太郎の怒りが爆発。ダブルに変身しアクセルととの共闘でライアードーパントと戦う。

元々ライアードーパントの戦闘力は高くないためアクセルのエンジンブレード・エレクトリックと
ダブル・ルナトリガーフォームの誘導弾による攻撃であっという間に追い詰められる。
ここでアクセルを避けて弾が当たるってのがスゴイ、ルナトリガーの能力を存分に使ってるな。
メモリブレイクをしようとするが、ジミーのファンの女性が妨害。
やはりこの人もジミーの才能の無さは知っていた。そしてお決まりの如くその場に居合わせたジミー。
ギターケース落として衝撃でギターが鳴るってまたベタやね……。
合格が実力だと思っていたジミーは真実を聞かされ、ショックに陥る。

診察終了後の井坂内科医院。そこに現れたのは冴子。
白衣を脱ぎスーツに山高帽、ステッキを持つ井坂先生の手には……Wのメモリ、ウェザーのメモリが。
見かけ優しそうな人が竜の家族を殺したガイアメモリが生み出した突然変異の化け物とも言われる人物だとは……。

以上、23話でした。
水木の兄貴のゼェェェット!やジミーの音響兵器と言ったネタをはさみつつも基本の流れは変わっていないのは流石。
翔太郎&フィリップは本当普通に上手くてビックリ。
いっそのこと今後出るであろう新曲歌ってくれないかな? いつからか役者が歌うのお決まりになってるし。
井坂先生は……意外と出るのが早くてビックリ。が、今回は他が濃くてちょっと薄い感じ。

さて、次回は解決変。
どうやら似ていると評した翔太郎が落ち込んだジミーを立ち直らせる……っぽい。
何か電波塔の道化師とか良いながら妙な格好をしていたのは誰だ……? サンタちゃんか?
ドーパントの正体は恐らく詩人のおっちゃんだと思われる。つかあの人しか残ってねえwww
そしてアクセルバイクモードの上に跨るダブルサイクロントリガー!!
……玩具じゃアクセルバイクモードとバイク搭乗時のダブルのフィギュアのバランス悪くて再現難しいらしいがw
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。