スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」感想

一昨日放送の仮面ライダーW 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」の感想。
サウンドガイアメモリVer.2はとりあえずルナ以外確保。
ルナはDX版あるからスルーのはずだったんだが……フィリップの決め台詞が入ってるとなると悩む。
何気に多分初収録なんだよな、フィリップのボイスって。

ボロボロの状態でありながらツインマキシマムを発動させたダブル・ヒートトリガー。
フラつきながらも強化された超高熱火球をウェザードーパントに向けて発射。
その威力は着弾地点で激しい大爆発が起こるほど。
しかし、その代償は大きくダブルは変身解除。翔太郎はそのまま倒れ、反動で苦しむ。
そんな決死の一撃でも倒れないウェザードーパント。絶体絶命の竜と翔太郎。
その時、例の液体と共にテラードーパントが出現。ウェザードーパントをお茶に誘う。
これにウェザードーパントも同意し、テラードーパントと共に出現した液体の中に消えていく。
自分達を助けるようなテラードーパントの行動を不思議がるフィリップ。

翔太郎がツインマキシマムという大無茶をしたのはやはり竜の涙が原因。
泣き顔を見ていたら体が勝手に動いたと言い、普段は突っかかっている物のやはり翔太郎も
竜の事は仲間だと思っている。それを自業自得だと言う竜。
そこまで言われてもなお、リリィの事を気に掛け後の事を竜に頼んで気絶する翔太郎。
自身の事よりもドーパントの事を気に掛ける翔太郎に対してバカかという竜。
これには流石のフィリップもブチ切れた!!

事務所に戻るなり竜に掴み掛かるフィリップ。
亜樹子は翔太郎の怪我の治療が先だというがフィリップの弁ではガイアメモリによるダメージは
普通の医学では治療する事ができず、本人の回復力に頼るしかないとのこと。
既にリリィを救うための方法は検索済みであるのだが、その方法を行なえるのはアクセルのみ。
しかし、竜はそれを拒否。井坂先生の居場所を検索しろと言う。
復讐が先だと言う竜に君に取って仮面ライダーとは何なんだと問うフィリップ。
が、今の竜にその言葉は届かず殴られてしまう。

どうやらリリィは井坂先生に言わせれば過剰適合者というときたま居るメモリとの相性が異常なまでに
高い体質らしく、インビジブルメモリとの組み合わせがまさにその体現とのこと。
そんな事を話しつつ、園咲家で無茶苦茶な量の食事を食べる井坂先生。
どうやら複数のメモリの力を使っているらしく、その影響でカロリーの消費量が半端無い模様。
堂々と薄気味が悪いと言う若菜とそれを嗜める冴子。琉兵衛はミュージアムの中枢たる面々(特に自分)が
揃っている中で井坂先生が普通に食事が喉を通ることに感心する。
この時の琉兵衛の言い方が無茶苦茶怖いったらありゃしない上に、実際に食事が出ていても冴子と若菜は
食べてきっていないから言葉の意味が強調されてさらに恐怖度アップ。
さらに冴子と何か企んでいる事を見抜き、プレッシャーを掛ける琉兵衛。
井坂先生は服を脱ぎだし、無数のガイアメモリのコネクタを見せガイアメモリの謎の探求は自分も冴子も
同じだと良い、さらに自分を実験台にとまでも言う。
これには琉兵衛も満足したのか、しばらく家に泊めると言う。……監視の目的もありそうだけどな。

再びリリィを助ける方法を検索するフィリップだが、やはりアクセルが居ないとダメな模様。
亜樹子は竜にもう一度頼もうと言うが、自身が原因で翔太郎が傷ついても何も言わない竜に対して
フィリップは頼むを拒否。まぁ、こればっかりは分からないでも無いがな……。
仕方が無いので亜樹子が直接行くと言い出し、そのまま行動開始。真倉刑事からスリッパ二刀流で
竜がどこに居るのかを聞き出す。
その本人はフランク白銀の家を張り込み中。井坂先生との接点はリリィしかないためそこを当たっていた模様。
それを踏まえてもなお、もう一度リリィを助けるために力を貸して欲しいと頼み込む亜樹子。
そこに現れるフランク白銀。竜が外に張り込んでいたのを知っていたのか、中に入るように促す。
家に入れ、お茶を出すなり瞬時に二つのマジックを披露するフランク白銀。これには鬼のようだと言われる程
厳しい形相をしていた竜も驚く。
お客さんの驚いた顔や笑顔を見るために裏で奮闘する。それがマジシャン。どんな不正を犯していても
リリィがそんなマジシャンの端くれとして努力しているのが嬉しいというフランク白銀。
自分の考えた仕掛けで消えるマジックをやりたいとリリィが言い出したので何かは分からないが、何か裏が
あると感付いていたフランク白銀。孫として見れば心配だとも言う。
そこにリリィが帰宅するが、竜の姿を見るなり一目散に逃げ出す。

リリィを追いかける竜。途中、リリィが戦隊仕込のアクションを見せたて竜と渡り合ったりするが
結局は透明になって逃げる。竜はアクセルに変身し、エンジンメモリのスチームを使ってリリィに
怪我させる事なく位置を特定する。
竜牙メモリを使い続ければ死ぬと伝えてもなお、舞台に出ると言うリリィ。
フランク白銀の晴れ舞台でもあるラストステージ。そこで消えるマジックを成功させて安心して
引退させたいと願うリリィ。そのためになら死んでも構わないと言う。
そう思っているのはお前だけで心配している家族がいるから周りを見ろと一喝する竜だが、
自分も同じような事を翔太郎に言われたことに気付く。逆の立場になって初めて気付く事もある。
家に戻ってきたリリィと竜。誰もが終わりを感じた瞬間、竜は悔いの無いようにやれと言う。
そして、ステージが終わったら必ず自分の処置を受けろとも言う。仲間が見つけた救う手を……。

園咲家の部屋はかなり快適。ただ、ガウンが霧彦さんのしかないため井坂先生では微妙にサイズが合わず。
頃合い――――リリィが死ぬ頃だと感じた井坂先生はリリィの元へ。
そのリリィが居るラストステージの会場には竜と亜樹子が。そこにフィリップが到着する。
リリィを助け出す方法を聞こうとする竜だが、フィリップはその顔面に一撃!
フィリップに詰め寄ろうとする亜樹子だが、翔太郎に教わった殴られた後の仲直りの儀式だと言うフィリップ。
あー、そう言えば2話でやってたな翔太郎とフィリップ……。
粋な事を知っているなと満面の笑みで良いながら差し出された手を掴む竜。

そうこうしている間にショーはスタート。前のようなミスをする事無くリリィの出番やマジックは成功。
そこにインビジブルのメモリを回収しに井坂先生が登場。ウェザードーパントに変身し竜を挑発するも
竜はお前などの相手をしている暇は無いと一蹴。リリィを救うと断言する。
リリィがマジシャンの端くれなら、自分は仮面ライダーの――――風都を守る戦士の端くれだとも言う。
ウェザードーパントが攻撃をしてくるも、竜がガンナーAを呼び出して防御。そのままウェザードーパントの
相手を任せる。……冷気の能力で凍ってきてるが大丈夫なのか!?

肝心の消えるマジックも大成功。だが、体の異変が限界に来たのか途中で裏に行くリリィ。
慌ててフランク白銀も向かうがやはりリリィの体はもう限界で霧彦さんのように粒子となっていく。
竜に最後までステージをやらせてくれた事に大してお礼を述べながら消えていくリリィ。
しかし、そんなことを竜が許すはずも無くアクセルに変身。フィリップがデンデンセンサーでリリィの位置と
体内のメモリの位置を特定し、エレクトリック使用のエンジンブレードを構え、そのまま一閃!
リリィの体内からメモリが排出され、リリィが姿を現すとすかさずエレクトリックで電気ショックを与える。
死を覚悟していたリリィは自分が生きている事に驚き、井坂先生も死なない限り排出されないメモリが
排出されている事に驚く。さあ、ここで種明かしの時間だぜ!!
殺さずにメモリを抜く方法が無いのなら逆転して死ぬのを前提に、つまり死んだ後蘇生すれば良いと考える。
一度心臓を止め、メモリに使用者が死んだと判断させて体外に排出。そして電気ショックで再度心臓を動かせば
良いという訳。電気を扱えるのはエンジンメモリにエレクリックの能力が含まれているアクセルのみ。
だからそこ、今回は竜の協力が必要不可欠だったわけだ。
そのままインビジブルメモリを砕くアクセル。持ち主を殺すほどの能力を持つメモリを自信で実験することを
楽しみにしていた井坂先生の怒りは爆発。戦いはステージ上までもつれ込む。
ステージを見ていたお客さんもやっと逃げ出す。

前回よりは大分冷静なものの、やはりウェザードーパントのパワーに圧倒されるアクセル。
ウェザードーパントの武器による攻撃がアクセルを襲うがそこにファングメモリが登場。
行くよ、相棒と呼びかけるフィリップ。体はボロボロ(特にトリガーマグナムを持っていた左腕)な翔太郎も
起き上がってそれに答え、ファングジョーカーに変身!! そしてここでOPが流れる!
実は翔太郎の目が覚めたことに驚いていたフィリップ。大丈夫なのかと問うと俺の身を案じるならとっとと
片付けて休ませてくれと返す翔太郎。まぁ、ファングジョーカーで翔太郎が使うのは精神だから戦えると言えば
戦えるんだけどな。というか、今の状況じゃそれじゃなきゃ戦えないだろw
アームセイバーを出現させ、アクセルと共にウェザードーパントへ向かうファングジョーカー。
一人では勝てない相手でも風都を守る二人のライダーが、三人が揃えば立ち向かえる!!

ウェザードーパントの攻撃を受けつつも息の合ったコンビネーションを見えるアクセル&ファングジョーカー。
ダブルアタックでウェザードーパントを客席の方へ吹き飛ばす!!
切り札とばかりに巨大な竜巻を生み出すウェザードーパント。アクセルにマキシマムで行く事を提案する
フィリップ。アクセルは言葉の代わりにマキシマムドライブを発動させて応える。
ファングジョーカーもマキシマムドライブを発動。向かってくる竜巻を見据え、タイミングを合わせて技名を
提唱する翔太郎。普段は技名を叫ばない竜はやや困惑気味で君もと断言するフィリップ
それでも竜巻が突っ込んでくれば合わせれてくれるのが竜のナイスな所!!
二人の――――いや、三人の心を合わせたファングジョーカーのファングストライザーとアクセルの
アクセルグランツァーの同時発動。伝家の宝刀・ライダーダブルキックであるライダーツインマキシマムが炸裂!!
ウェザードーパントの竜巻を押し返し、ウェザードーパントを撤退させる!!
その威力は何とウェザーメモリがメモリブレイクされる寸前まで行くほど。
本気で井坂先生の事を心配している冴子だが、当の井坂先生にはその気無し。
普通に腹が減ったと思っちゃう辺りなぁ…………。とりあえず、霧彦さんピンチ?(オイ

今回は竜の復讐を果たす事はできなかったが、リリィの命を救うことは出来た。
どうやらメモリの摘出法はかなり危険な物だったが、竜はそれを躊躇する事無くしかも的確に行なった。
また自分が居ない間に竜との中が深まっている事に愚痴を零す翔太郎。大丈夫、お前も一役買ったぜ。
その様子を見て、竜とフィリップ――――いや、来人が強くなったと言うシュラウド。
やはりアンタもフィリップに関わる者だったか………。

今回の報告書シーンではふうとくんは無し。
リリィも逮捕されるかと思ったが、竜が井坂の被害者だと判断して逮捕無しと言う温情を見せる。
そして再び当たり前のように事務所に混ざる竜。フィリップにコーヒー差し出すのとフィリップの
受け取り方が自然すぎるのが素晴らしいったらありゃしない。
そこにやってくるリリィ。どうやら竜にお礼を良いに来たらしい。しかも、命を救われたことで
リリィは竜にゾッコン。頬にキスまで。この時の竜の驚いた顔が中々(某兄弟スレでは早速ネタにw)。
が、竜本人は軽すぎると唖然。そういった事を知らないフィリップは興味津々。
ギャグ風になった竜の俺に質問するなー!! が事務所に響き渡るのだった……。

以上、28話でした。
いやぁ、良い話だった!! 竜も改めて仮面ライダーとしての自覚が出たし、これで安心かな?
井坂先生もパワーアップを目論んでるっぽいが、今の状態ならダブルとアクセルが協力すれば大丈夫だし
何より両方ともまだ強化形態が残っている!!
そして今回の個人的一番の見所であるライダーダブルキックもとい、ライダーツインマキシマム。
流石初代1号の頃から伝わる由緒正しきライダーの合体攻撃。カッコイイったらありゃしない。
ディケイドも一応あったがコンプリで召喚だったし、演出も微妙だったからなぁ……。
久々に良いダブルキックを見せてもらったぜ。

次回はどうやら夢の中の話。雑誌とかに出ていた情報に寄れば相手はナイトメアドーパント。
色々夢の中もカオスだが、現実でヘッドフォンつけて寝るダブルってのもまたカオスだな……。
そしてスタッフ、時代劇の町並みでハードボイルダー疾走って何やってるんだ!?
(恐らく……というか確実に京都の撮影所だろあのシーン)
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。