スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」感想

一昨日放送の仮面ライダーW 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」の感想。
さて、ダブルドライバー買おうかどうか悩むな……。ディケイドライバーは投売りの時に買いたいけど。

恐竜型の巨大な敵に襲われるダブル。
ギリギリのところでリボルギャリーが到着するも、地下からの攻撃で横転する。
更なる追撃を掛けようとする敵だが、リボルバー状のパーツを回転させて攻撃を防ぎつつ攻撃の
反動を生かして起き上がるリボルギャリー。
が、敵はそのまま逃走してしまう。

事務所に戻った後、リボルギャリーやダブルの事について亜樹子から説明を求められる翔太郎。
そして割と普通に外に出ているが我関せずなフィリップ。
その最中、ラジオから戸川の名前が出てきた事に反応する翔太郎。

どうやら戸川は別のガイアメモリを持った共犯者に口封じのため殺されたらしい。
依頼主であり、戸川の彼女である真里菜に彼を助けられなかった事を謝罪する翔太郎。
真里菜によれば、翔太郎は小学生の頃から風都の事が好きでこの街で誰一人泣いていて欲しくないとの事。
……小学生の頃からハードボイルドに憧れてたのか、翔太郎は?

捜査のために情報屋――ウォッチャマンに会いに行く翔太郎。
って今度はなすびかよw
ハードボイルド物に出てくるような情報屋は居ないとウォッチャマンのナイスなツッコミ。
翔太郎の事を翔ちゃんと呼んでいる辺り、ウォッチャマンとも付き合いは長いらしい。

捜査に戻り、一週間前の事件現場に出向かう翔太郎。
が、そこでティーレックスドーパントに襲われる。
普段使っている携帯とカメラにメモリをセット。 スタッグフォンバットショットを起動し応戦。
その場の状況を生かした手段で何とか撃退する。

撃退後、しばらく捜査しているとウォッチャマンが再び登場。
それによると、ガイアメモリの売人と戸川が会っているのを見た人がいるそうな。
売人の特徴は黒いスーツに白いスカーフ、スカーフには一点だけ血のような赤い模様。
あと、もう一人戸川と一緒にガイアメモリの売人と会っていた人がいるらしい。
……ツッコミの割りにはちゃんとハードボイルド物の情報屋やってるじゃねえかw

その売人は言葉巧みにガイアメモリを販売中。
どうやら、ガイアメモリはかなり高く、その力は超人ではなく神に近い物らしい。

事務所に戻り、フィリップに検索を頼む翔太郎。
ティーレックスで検索開始。まずはウィンドスケール、次に羽、最後に女で絞り込む。
検索結果で出てきた名前は――――真里菜だった。
今までに起きた事件は二人の共犯。だが、戸川がマグマの力に飲まれて暴走。
彼女は翔太郎に捜査の依頼をし、見つけた上で始末した。

出来るなら彼女を倒さずに説得したい翔太郎。
だが、フィリップは彼女を倒すしかないという。
意見の合わない二人。翔太郎がやっぱと言っている以上、過去にもこんな事があったらしい。
翔太郎が目指しているのは情に流されない鋼の男、ハードボイルド。
だが実際は人情家で煮えきれない。そこを揶揄ってかフィリップはハーフボイルドだという。
この一言に怒った翔太郎はフィリップを殴り、お前の力は借りないと言ってガイアメモリを全て置いて出て行ってしまう。

真里菜を呼び出し、物陰からスタッグフォンでバッグを破る翔太郎。
そこにはティーレックスのガイアメモリがあった。
ウィンドスケールには真里菜の功績や手柄を自分の物にして真里菜をやめさせた上司が居た。
彼女はその男に深い憎しみを持っていたため、ガイアメモリに手を出した。
……まぁ、気持ちは分からんでもないが方法がなぁ。
見逃してという真里菜だが、翔太郎は既に警察を呼んでいた。
翔太郎はこの街で誰一人泣いて欲しくないという。確かに真里菜は泣いていたが、それ以上に
街そのものを泣かしていると言う翔太郎。
情に流されてはいたが、自分の中の信念に従った翔太郎。ハーフボイルドならではの行動だな。

メモリを捨てろという翔太郎だが、真里菜はティーレックスドーパントに変身。
強力な咆哮で警察や翔太郎に襲い掛かる。
メモリを置いてきてしまっているため変身できない翔太郎。そこに様子が気になってついてきた亜樹子が。
……付いてきた系の奴は戦えても戦えなくても足手まとい。これ特撮の定番だな。
ティーレックスドーパントが咆哮で瓦礫を降らせ、絶体絶命の翔太郎。
そこにフィリップがリボルギャリーで駆けつける。……中に人が乗れるスペースがあるのは前回から
分かってたが、運転する場所はあるのか? それとも全部自動操縦か?
散々考えたが、殴られた理由がどうしても分からないフィリップ。
そう言いつつも、手は翔太郎に向けて差し伸べされている。

「半分力貸せよ、相棒」

二人で一人になるダブルならではの言い回しで手を取り、メモリを受け取る翔太郎。

前回は別々の画面だったが、今回は同じ画面で変身。
やはりダブル変身は良い物だ……。ダブルはそれがデフォだが。
僕の体、頼むよと言う時にフィリップ側だけの眼が光るのが細かい。
だが、変身するとフィリップの体が無防備になるのはかなりキツイな。そこがダブルの弱点か?

衝撃波で攻撃しつつ、周囲の瓦礫を集めて巨大化するティーレックスドーパント。
どうやら前回のラストや今回の冒頭の姿はこうやっていたらしい。
瓦礫を破壊した時の隙を狙われて噛み付かれ、壁を突き抜けた後放り投げられるダブル。
フィリップの案でメモリチェンジ。ヒートのメモリを使いヒートジョーカーに。
変身音は前半はフィリップ側のメモリで、後半側は翔太郎側のメモリで変わるらしい。
音を聞く限り、後半はサイクロンジョーカーに変身した時と変わっていないし。
炎を纏った強力なパンチの連打で攻撃するダブル。
やはり属性のメモリは変えても右側にしかその能力は適応されない模様。

不利と判断したか逃げるティーレックスドーパント。
巨大化する際に亜樹子とフィリップの体が避難したパトカーにワイヤーが引っかかり、そのワイヤーが
取り込まれているため、ティーレックスドーパントに引き摺られるパトカー。
その事に気付き、急いでハードボイルダーで追いかけるダブル。
CGだったがこのシーンのバイクアクションは良かったな。これでCGらしさが薄ければ最高だが。
牙狼レベル……は贅沢言い過ぎか。あれ、国内最高峰のチームが集まってたはずだから。
リボルギャリーも到着。パトカーをはさむように並ぶハードボイルダーとリボルギャリー

「飛び移れ!」
「(頷く)……出来るかー!!」

ここのやり取りは良かった。いいノリツッコミだぜ亜樹子w
仕方が無いのでリボルギャリーとパトカーの間に入りパトカーのドアを外し、フィリップの体をリボルギャリーに投げるダブル。
リボルギャリーに入るまでは実写。……このシーン、スゲエ。
残った亜樹子も助けようとするが手が届く寸前でティーレックスドーパントが方向転換。ビルの上へ。
スタッグフォンでリボルギャリーを変形させ、マシン後部を換装する。
……マシンの前と後ろで色が違うのはこの仕組みのためかだったか。事前情報で知ってたが
やはり実際に見てみるとほーってなるもんだな。
換装したハードボイルダー改め、ハードタービュラー(……だったか?)で空中戦を始めるダブル。
マシンのバルカン?で攻撃するもやや効果は薄い。
一度高く飛び上がり、マシンの上で立ち上がるダブル。手にはメタルのメモリが。

ヒート!
メタル!


ヒートメタルフォームにフォームチェンジするダブル。
手にしたメタルシャフトで攻撃を弾きつつ、メタルメモリをセットしマキシマムドライブを発動。
先端に炎を纏った強烈な一撃、メタルブランディングでティーレックスドーパントを撃破する。

メモリブレイクによって元に戻ったが落ちる真里菜とワイヤーが外れて落ちるパトカー。(中に亜樹子)
フォームをサイクロンジョーカーに戻し翔太郎側で真里菜をつかみフィリップ側でスタッグフォンを操作。
ハードタービュラーを自動操縦させてパトカーをワイヤーで釣り、真里菜を抱きかかえた後
サイクロンの力で減速でもしたのか難なく着地。
左右別々の動作も二人だからこそ簡単にできる技。一人だったらほぼ無理だってw

その頃、園咲家では冴子が結婚したい相手――ガイアメモリの売人、霧彦を紹介していた。
猫も含めて全員ドーパントに変身しているが、暗かったりするおかげで1話で変身したタブー以外分からず。
腰にベルトを巻き、園咲の家の者のみに渡される特別なガイアメモリを渡される霧彦。
死ぬ事もあるらしいが、自信満々で受け取りセットする。すると――――

結局は警察に引き渡された真里菜。戸川は戻ってこない……。
またも普通に事務所内に入るフィリップ。そして亜樹子は……事務所の看板をポップなものに塗り替え
何と横には所長として自分の名前を入れていた。
ハーフボイルドに解決すると言う亜樹子にハードボイルドだとツッコミを入れる翔太郎。
……残念だが諦めろ、翔太郎。

以上、2話でした。
2話で1話なのでこれで1話終了。最初の話としてはかなり良いな。
ただ、園咲家の次女の舌打ちが気になる。音大きいしわざわざアップにしなくてよろしい。
どっちかが解消されればかなり不快感下がるんだがな……。
しかし、翔太郎とフィリップの中の人は最初の方だとだというのにかなり演技とアフレコ上手いな。
特に翔太郎。亜樹子の手を取ろうとするシーンのセリフは本当急かしている感があった。
どうも仮面ライダー=最初は演技がやや下手。という印象が……。
恐らくはブレイドの影響だろうがw あれの1話は本当凄かった。色んな意味で。

ダブルのデザインはもう見慣れた。
というか、色が体の左右で違うってだけで結構デザインとかは良いんだよな。
特にサイクロンジョーカー。あれ、サイクロンのマフラーが境目近くに付いていて常になびいているから
普通に両方に付いているように見える。てか、そう見せるのが凄い上手い。
このデザインと配置考えた人はお見事!!

次回は幻のカジノの調査が中心となる話。
家族の面で何やらフィリップに異変が……?
残る一つのメモリ、トリガーのメモリは出るのだろうか? そこが地味に気になる。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。