スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」感想

日曜日放送の仮面ライダーW 第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」の感想。
食玩のサウンドガイアメモリにラインナップされているファイズメモリ。
キープッシュ音→STANDING BY→待機音→COMPLETE→変身音の全収録……だと……ッ!?
ファイズ好きとしては買うしかないじゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!

ナスカドーパントと戦闘中のダブル・サイクロンメタルフォーム。
背中の細い二本のマントを使ってダブルを空中に拘束するナスカだが、スイーツドーパントに攻撃される。
どうやらスイーツドーパントはダブルにしか興味が無いらしい。
邪魔をされたナスカもスイーツに攻撃。これだけ見ると三つ巴のように見えるがドーパント2体の狙いはダブル。
よってダブルが集中攻撃されるのは前回の終わりと変わらず。
木陰でその様子を見ていた冴子がタブーのメモリを起動した瞬間、翔太郎にフィリップが警告する。
何かを感じて警告したフィリップ。冴子もナスカもスイーツもそれを感じて動きを止める。
次の瞬間、周囲にはガスっぽい物が立ち上る液体のような物が。
それを発生させているのは琉兵衛が変身したテラードーパント。見えにくいがちゃんと外に出てるな。
ダブル・ナスカ・スイーツの全員が理屈ではなく、本能でヤバイと感じたため戦いを止めてその場を緊急離脱。
……テラーは恐怖という意味。生物の本能的なところでその恐怖を感じ取ったか?

テラードーパントが去った後、ルナメタルのシャフトを使って避難していた木から降りて変身解除する
翔太郎だが、変身解除しても体の震えが止まらない。
フィリップは言う。「僕達は見たのかもしれない。組織の根源を……」
組織は分かっても園咲家の事は分かってない模様のフィリップ。
そんな危険な所に居させられないと翔太郎は亜樹子の元へ。
その亜樹子は……麻衣が襲われた事を他のメイドの人から聞いて驚いていた。

麻衣の元へ行き、安否を確かめる亜樹子。
だが麻衣は自分を襲った怪物(ドーパント)の正体が分かれば父親や他の行方不明者が見つかるかもしれないと言う。
だから逃げたくないとも言う麻衣。そんな様子を見て、改めて屋敷内に犯人が居ると確信する亜樹子。
同じように園咲家の面々も使用人の中に一般ドーパントが紛れ込んでいる事に気付く。
が、組織の秘密を知る使用人は僅かしか居ないため事を荒立てる必要も無いと判断する琉兵衛。
今度何かあった時は二人で対処すると霧彦に言う冴子だが、その中ではダブル奪回の意思が。
……やっぱ始まりの夜、ビギンズナイトに冴子はかなり関わってるみたいだな。

一方、亜樹子は翔太郎と再び会うが、依頼者を危険な目に会わせた事で激しく怒られる。
おやっさんは依頼者を危険な目にあわせるようなことは絶対にしなかったという翔太郎。
過去に翔太郎本人も依頼者に怪我をさせてしまった事があり、その時に無茶苦茶怒られたらしい。
その怒った姿はとても怖かったが、同時にとてもカッコよかったそうな。
今回は素直に謝る亜樹子。おやっさんと一番長く居られた時がまだ小さい頃だったためぼんやりとしか
覚えておらず、長い間一緒に居た翔太郎が羨ましくて少しムキになりすぎていたと反省する。
その流れで亜樹子におやっさんの真実を話そうとする翔太郎だが……いつの間にか居なくなっている亜樹子。
この時の翔太郎の叫びがまた何とも。シリアスもギャグも両方こなせる翔太郎は凄いな。
亜樹子は翔太郎の話を変に解釈してやる気十分。……ユウスケの方がまだいい解釈してたぞ?

琉兵衛の勤務先……というか、館長をやっている風都博物館に行き、明日のスイーツタイムは屋敷の
使用人全員を集めて開いてほしいと頼む亜樹子。
仕事の場所まで来る&直談判&ちょっと厳しい内容というメイド長激怒三要素が揃っているのにも
関わらず、快くOKする琉兵衛。敵とは言え、この器の広さは素晴らしいな。
そんな亜樹子の様子が気になって来ていた翔太郎は亜樹子が何を考えているか分からずに困惑。
展示物を見ていると、今まで戦ってきたドーパントのモデルがズラリ(コックローチ除く)。
何かに気付いたように考え込むが、いきなり琉兵衛が後ろに立っていてビックリ。
翔太郎が何か言う前に軽い自己紹介と意味深な言葉を残して去る琉兵衛。
明日が楽しみだなって……亜樹子の提案本当に楽しみにしているのかよ!?

一方フィリップは検索で独自に調査。メモリの正体がスイーツである事は判明。
さらに検索を始めるがパティシェ・麻衣の父親の名・麻衣の名では絞りきれない。
が、前回スイーツドーパントが言っていた言葉を入れると一冊に絞り込まれる。
さて、その本の内容とは……?

所変わって翌日の園咲家。
亜樹子の提案通り使用人を全員集めたスイーツタイムが開かれる。
その途中、亜樹子がベタな演出とベタなセリフで正体を現す&悪ノリをする。
これには気になってきていた翔太郎も思わず声を上げ、頭を抑えてしまう。
亜樹子が言う失踪事件の犯人は……メイドの城塚。
その理由は体型と普段お菓子を食べているから。……って単純に見た目とお前の独断だッ!?
むしろ推理でも何でもない単なる幼稚園・小学生レベルの言い草じゃねーかッ!?
……流石亜樹子。予想通りの展開ありがとう。

これには若菜と霧彦は大爆笑。元々犯人探しに興味がなかった琉兵衛は本気でガッカリ。
テラーの時は無茶苦茶怖かったのに、本気でサプライズに期待してた琉兵衛さん。
しかもサプライズ=お菓子だと思っていたとは……お茶目というか何と言うか。
亜樹子が用意したお菓子は自分が適当に用意したと言うと、反応を見せた者が一人。
同時に翔太郎の元にフィリップから連絡が。
ドーパントの正体はパティシェのランキングを作った本人であり、食べ歩きのライター……メイドの佐々木。
思えば、確かこの人は麻衣が襲われた事を亜樹子に伝えていた。
何故知っているのか怪しいと思えばよかったのか?

口調も態度も一変し、スイーツドーパントに変身する佐々木。
ガイアメモリのスイーツ!の声のテンションと調子が今まで一番高くて吹いた。立木さん良い仕事しすぎw
逃げ惑う使用人達と麻衣を守ろうとする亜樹子。そして超冷静な園咲家の面々。
麻衣と亜樹子がスイーツドーパントにさらわれたのを見て追う翔太郎。
同じく冴子と霧彦も席を立って追うが、その途中、翔太郎がダブルに変身するのを目撃。
これで霧彦と冴子にはダブルの正体が割れたか……色々とまずいかもな、これは。
二人もタブードーパントとナスカドーパントにダブル変身。
……何だろう、敵のダブル変身、それも幹部級ってのもあるせいか新鮮でカッコよく見えたんだが。
ダブルVSタブー&ナスカの戦闘が始まるが、その直後の会話でやはり冴子がビギンズナイトに関わっているのが確定。
空からはタブードーパントが高威力の光弾を放ち、地上からはナスカドーパントの猛攻。
流石に幹部級2体相手では分が悪すぎて圧倒されるダブル。

亜樹子と麻衣はスイーツドーパントの隠れ家へ。
そこには連れ去られた五人のパティシェ達も。
犯行に及んだ理由を話す佐々木だが……どう考えても逆恨みです。本当に(ry
そして適当なお菓子を食べさせられた恨みで亜樹子に歯を向けるスイーツドーパント。
ダブルの方はタブードーパントとナスカドーパント、2体の光弾が向けられる。
どっちもピーンチ……かと思いきや、ダブルの方は呼んだリボルギャリーが体当たりをぶちかまして
ピンチを脱出。中に積まれていたハードボイルダーにダッシュブーストユニットを取り付けた
ハードボイルダースタートダッシュモードでその場を離脱。
後ろからナスカドーパントが追うが、ダブルはバイクを反転させてのバルカン攻撃で足を止め、さらに
ダッシュブーストユニットをキャストオフしてナスカにぶち込んで離脱成功。
反転しても進行方向変わらないって……どれだけハイテクなんだハードボイルダー。
そしてタブードーパントに八つ当たりされたナスカドーパント、不憫だ……。

スイーツドーパントの一撃目はフライパンを盾にして防いだ亜樹子だが、もう後が無い。
そこに見事なタイミングでダブル登場! ちなみに、亜樹子の場所が分かったのはいつの間にか
亜樹子の服の袖にスパイダーショックの発信機を付けていて、それを探ったから。
戦闘能力は高くないため、ダブルに押されるスイーツドーパント。
が、突如麻衣に向けて突進する。6話の時のようにルナに変えても室内の狭さゆえに間に合わない。
そんな時、亜樹子が勇気と根性を振り絞って近くにあった椅子で腹部を殴り、麻衣を助ける。
その亜樹子の姿に、おやっさんの姿が重なる翔太郎。
ヒートジョーカーにフォームチェンジし、被害者達の救出を亜樹子に頼んでスイーツドーパントと共に外へ。

ヒートジョーカーのパワーと炎の力で押していくダブルだが、その途中自らの姿を隠すスイーツドーパント。
どうやら前回の壁の文字や麻衣を引きこもうとしたのはこの能力らしいな。
ダブルの目では見つけられないため、飛んできたバットショット・ライブモードにルナメモリをセット。
ルナのマキシマムドライブを発動し、ルナの力(光の力?)とバットショットのフラッシュを応用した攻撃で
隠れていたスイーツドーパントを引きずり出す。
さらにジョーカーのマキシマムドライブを発動するダブル。これは見ててマジで驚いた。
サイクロンジョーカー・ヒートメタル・ルナトリガー以外の6フォームはメモリ同士の相性が悪くて
マキシマムドライブ(=必殺技)が使えないって聞いていたから予想外すぎた。
ただ、発動待機音がバチバチビリビリ言っていたから本来使うのはかなり危ないっぽいな。
ヒートとジョーカーの力を腕に集めて大ジャンプ。そのまま空中で半身に別れ、その半身でラッシュを
仕掛けるジョーカーグレネイドでスイーツドーパントを撃破!!

亜樹子の面白さとダブルの強さを褒める若菜。
が、それは冴子に向けた挑発。実際、我が家のお婿さんより使えるかもと言う。
その自慢の婿は……何やら不穏な空気が。……このままだと名護さん化しそうなんだが?

翔太郎による今回の依頼レポート。
依頼は五件とも無事解決。相変わらず亜樹子は親分気取り。
でも、今回の事や映画の事で少しは変わってくれる……と良いんだけどな。
そして亜樹子は料理が下手らしい。言語では表現できない味覚だって何だよフィリップw
ビギンズナイトの事を受け入れるために、翔太郎は強くなる事を決意するのだった……。

以上、10話でした。
今回・前回ともにかなりビギンズナイト関連の発言が出てきた感じ。
映画で出てくるおやっさんは確かデs――――おおっと危ない。これはネタバレだ。
……ま、こんな辺境のブログに来るような人は他のライダー関連ブログでネタバレ知ってるとは
思いますがね。一応念のために。

戦闘は今回かなり良かった。
ルナ&バットのマキシマムドライブに予想外のヒートジョーカーのマキシマムドライブ。
本当に後者は予想外。だが、その分今後他の5フォームでもマキシマムドライブの可能性が出てきて嬉しい限り。
キバのバッシャーフィーバーみたいに出てこない必殺技が出ないことを祈る。

次回は何だかホラーテイストな話。
車がドーパント化してる……って事か?
サブタイトルの前半、2話共通部分に含まれるアルファベットはその2話に出てくるメモリの頭文字と
同じだから……Vって所と感染車って所から次の相手はウィルスドーパント? 何て予測してみたり。
って、何気に感染車ってタイトル上手いな。考えた人に座布団(博麗アミュレット)一枚進呈。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。