スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」感想

日曜日放送の仮面ライダーW 第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」の感想。
試験的にPCに搭載してあるTVソフトの録画機能でWを録画。
これで早く感想が書ける……と思いたい。今回はゴタゴタしてていつもどおりだったがw

ガイアメモリの売人?と思われるストーカー男に付きまとわれる若菜。
素の口調で突き放すも、男は逆切れしてマスカレイドドーパントに変身。
確かコイツって映画でも大量に出てくるとか何とか。……あれか? ショッカー戦闘員みたいな物か?
若菜もクレイドールドーパントに変身。
普通の人間より遥かに強いドーパントでも上級ドーパントには勝てず。光弾三連発であっけなく消滅。

そんな若菜もラジオでは180度変わって風都の人気アイドル。
実際にネットラジオの形式で配信されているが……聞いてみると結構、いやかなり若菜がボケボケで面白いんだ。
……ま、あれが若菜としての演技なのか中の人の素なのはどっちかは分からんがなw
以前ダブルやコックローチドーパントも取り上げられた風都ミステリーツアーのコーナーで紹介されたのは……
何とおやっさんが変身する骸骨男こと仮面ライダースカル。いい感じに映画と本編がリンクしてきてるねえ。
事務所でそのラジオを聴いている翔太郎とフィリップ。
しかも若菜の曲がかかると妙なまでにテンションが上がり、踊りながら歌いだす。
フィリップも珍しく検索以外でテンションが上がっているが、翔太郎の上がり方は異常。
今回ばかりは亜樹子のツッコミがナイス過ぎるwww

そんな中、電話のコーナーでミスタークェスチョンと名乗る男が登場。
若菜から好きな数字「7」を聞き出すと、ラジオ局近くの風力発電の風車が壊れ、その形が7に。
犯人は何やら筋肉ムキムキなドーパント。
若菜の身を案じた翔太郎はラジオ局に急行する。

今回のOPも映画特別編。
おやっさん(仮面ライダースカル)がメインの映像だが……おやっさんがカッコよすぎる!!
あれなら翔太郎がハードボイルドに憧れるのも納得だわ。

事故現場の写真を撮ってからラジオ局に向かうとマスゴミ――もといマスコミが若菜を囲んでいた。
まったく……リアルでもフィクションでもマスコミはロクな物じゃねえな。
見かねた翔太郎が助けようとするが、若菜の先輩と思われる人物が機転を利かせてマスコミを誘導。
取り囲んでいたファンからは翔太郎が関係者のフリをして救出する。
その後の様子が気になって来てみると、偶然若菜の素が出ている現場を目撃してしまう翔太郎。
最初は虫の居所が悪いだけかと思っていた翔太郎だが、素だと分かると愕然とする。
有名人ってのは遠くから眺めている時が華なのさ。時々水嶋みたいに素晴らしい人も居るけど。
が、フィリップはその現場を見ていないので事件解決に意欲的な上に翔太郎のいう事を信じていない。

一方、園咲家でも一悶着が。
今回の事件をうけ、若菜にタレントを辞めてガイアメモリ流通の仕事に就けという冴子。
これに若菜が怒りクレイドールドーパントに変身。冴子もタブードーパントに変身して姉妹喧嘩勃発。
が、本格化する琉兵衛の鶴の一言で何とか沈静化する。
冴子が言っていた死なないって言葉が気になるが……どういうこっちゃ?

翌日、ミスタークェスチョンから再び電話が来ると踏み、警察が逆探知を仕掛ける。
そこにやってくる翔太郎。今回は本人の意思というよりはフィリップの代理人と言った感じ。
すると、再びミスタークェスチョンから電話が。翔太郎が連絡をすると、フィリップは既に本棚で検索待機中。
二番目の質問、好きな色を聞かれても答えない若菜。だが、何故か赤だと知っているミスタークェスチョン。
キーワードが少ないため、正確な検索が出来ないフィリップだが、突然何かを思いつき翔太郎に伝え、
翔太郎もその内容「本当のファンだったら三番目と四番目の答えも一緒にプレゼントするはず」をミスタークェスチョンに伝える。
それを伝えると、怒ったのかミスタークェスチョンは電話を切ってしまう。
逆探知は失敗し、若菜に怒られそうになる翔太郎だがいいタイミングでフィリップから電話が。
フィリップの名前に若菜が反応したのはただ単に珍しい名前だからか?
その推理によれば、ミスタークェスチョンはサザンウィンドアイランドパークに真っ赤な蝋燭のような炎を灯す……らしい。
さらに付け加えると、その場所の地下にはガスのパイプラインが通っていて、それを破壊するそうな。

指示された場所――サザンウィンドアイランドパークに向かうと、フィリップの推理は完全的中。
ダブルに変身し、事件を起こしたドーパントに向かっていく翔太郎。
が、このドーパント無茶苦茶硬く、サイクロンジョーカーの攻撃が全然通用しない上に力も強い。
何と言う典型的なパワータイプ……。
接近戦は不利と判断し、遠距離&高パワーのサイクロントリガーにフォームチェンジ。
風の弾を連続発射して攻撃すると効いているが、球形に変形した相手から強烈な一撃を貰ってしまい、逃げられてしまう。

戦闘終了後の夜。ラジオの若菜が悪いと言った感じの言い方に初めて怒りを見せるフィリップ。
亜樹子と翔太郎が何か事務仕事をしている中、サイクロンジョーカー変身時の如き凄まじい風と共に若菜が事務所に。
フィリップの事を探すが、当人は何故か普段の居場所の方へ隠れようとする。
それを見つけた若菜。互いにドアを挟んでの攻防戦の後、ドア越しで会話を始める。
何故フィリップが襲撃場所が分かったのか。それはミスタークェスチョンの質問の順番にあった。
ある雑誌の時の質問の順番。それにミスタークェスチョンは沿っていたのだ。
ちなみに、三番目の質問は最近のマイブーム。四番目の質問は休日によく行く場所。
四番目の答えが襲撃場所であり、三番目の答えがアロマキャンドル――つまり蝋燭。そして蝋燭の炎の色は赤。という訳。
自分が興味がある事については徹底的に調べるフィリップだけあってこういう記憶が物を言う場面には強い強い。
見事な推理に感動した若菜は犯人の逮捕をフィリップに依頼。フィリップは驚きつつも了承する。
この驚きが若菜に手を触れられて直接依頼されたからなのか、触れられた時に見えた謎のビジョンのせいなのか……
フィリップだとそういうのが分かりにくいから困る。
上機嫌で帰る若菜。そして素を見ても引くどころかさらに高評価を出すフィリップ。……ダメだコイツ早く何とかしないと。

翌日、スタジオから飛び出しての中継に挑戦する若菜と、それに同行する翔太郎。
……実際は翔太郎は探偵(フィリップ)の助手という扱いなのだがw
ちなみに若菜のマネージャーは持病なのかしばしばお腹の調子が悪いらしい。
若菜が挑戦するのは風都の甘い物食べ歩きベスト3のロケ。
最初に行った先のお店は……何と3・4話(カジノ&マネードーパント戦)に登場した和泉一家の饅頭屋。
風都名物風花饅頭の元祖という設定だったが……まさか再登場するとは思わなかった。
てっきり2話限りのゲストかと思ってた。こういう過去に出たゲストキャラのその後を作中でやるのは珍しいな。
そして若菜・スタッフ・優子のやり取りが微笑ましいの何の。やっぱこういうのはいいねー。

が、空気を読まずに三度電話してくるミスタークェスチョン。スタッグフォンでフィリップに連絡し、フィリップは本棚へ。
今度の質問は一番好きな景色。若菜は答えに詰まるが、今回も何故か分かっているミスタークェスチョンはこれからは
いつでもその景色が見られると言い残して電話を切る。
今回はある程度絞れているのか確認の為に若菜本人と話すフィリップ。
若菜の答えは風都タワー。だが、風都タワーは大きすぎて盗む事は不可能。破壊するのは論外。
正確に言うと、若菜が一番好きなのは自宅の自分の部屋の窓から見る風都タワーの景色。
だが、今は見れず二年間から見れなくなったらしい。
最後のキーワードとして二年前を入れると一冊の本――犯人の目的が判明。
二年前、若菜の部屋と風都タワーの間に建った第三風都ビル。その破壊が目的。
しかも最悪な事にそのビルには次に行く店が入っている。番組を無茶苦茶にさせないためにも現場へ向かう翔太郎。

第三風都ビルに現れる今回の敵ドーパント――バイオレンスドーパント。
ってサブタイトル前半のイニシャルと敵ドーパントのイニシャルが違う!? 今まであってたのに!?
左手に付いた鉄球を飛ばしてビルを破壊しようとするがサイクロンメタルフォームでダブルが登場し、メタルシャフトで鉄球を叩き落す。
さらに現状パワー・防御共に最高クラスで弊害無しのヒートメタルにフォームチェンジ。
その高いパワーでバイオレンスドーパントを押していく!!
おまけに初戦の際に大ダメージを受けた球体形態は呼び出したリボルギャリーで逆に吹っ飛ばす!!
なおも続く戦闘だが、その最中にクレイドールドーパント(若菜)が乱入。
どうやら怒りが有頂天に達し、本人自ら出てきてしまったようだ。……ん? 何か表現変だったか?
光弾でバイオレンスドーパントを攻撃した後はダブルに襲い掛かる。
最近753化への道を歩んでいる霧彦も登場。何だかんだで若菜の事が心配だったらしく、様子を見に来ていたらしい。
クレイドールドーパントのパンチをヒート側(フィリップ側)で受け止めるダブル。すると、再び謎のビジョンが。
初戦だからダブルと互角の戦いを演じるクレイドールドーパント。
が、そのせいで背後から球形になったバイオレンスドーパントが迫っている事に気付かず押しつぶされて粉々になってしまう。
これには愕然とする霧彦と驚くダブル。果たして粉々になったクレイドールドーパント――若菜の運命は?

以上、13話でした。
最後の最後で驚きの展開だったが……ご丁寧にも冴子がフラグ建ててくれてたし、普通に次回予告で生きてるんだよなぁ。
多分クレイドールドーパントの能力で死なないのだとは思うが……そうだとするならかなり厄介な相手だな。
下手をしたらテラー以外の幹部級ドーパントじゃ一番厄介な相手になりかねん。

次回は後編。
亜樹子メイド潜入回の時のゲストキャラ、麻衣が再出演。
さらにハードボイルダー・ハードタービュラー・ハードスプラッシャーのダブルマシン三形態が全部登場。
……さーて、新しいマキシマムドライブは出るかな? そこが何気に楽しみだ。
そして翔太郎役の人は今新型インフルらしい。シンケンも一時期殿と千明以外倒れてたらしいが……心配だな。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。