スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第46話「Kが求めたもの/最後の晩餐」感想

本日放送の仮面ライダーW 第46話「Kが求めたもの/最後の晩餐」の感想。
いよいよダブルゴセイ映画公開! 初日の昨日に見てきたが……いやぁ、良い映画だった。
何でこうダブルの映画って無茶苦茶面白いのかね?

フィリップは12年前に既に死んでいた……。
今ここに居るフィリップは単なるデータの塊らしい。
昨日見てきたダブルの映画で死人を甦らせて不死身にする技術があったがそれじゃないのか。
……というか、それだったら遺体が無いと無理か。フィリップの死んだ状況的に遺体が
残っているとは思いにくいし。
もう終わりにしようというテラードーパント。それを合図にテラードラゴンが現れ
咥えていたアクセルトライアルを離す。地面に叩き付けられたアクセルトライアルは変身解除。
装甲が薄いトライアルで攻撃を受け続けたため竜は大怪我を負いボロボロの状態。
テラードラゴンがテラードーパントに戻り、フィリップに来るように言うが無論拒否し翔太郎に
変身を促す。恐怖で震えつつも翔太郎はダブルに変身し一気にCJXに。

恐怖を振り払うかのように叫びながらテラードーパントに向かうもののパンチが当たる寸前で
テラードーパントが手から放った衝撃波で吹き飛ばされ、近くの柱を粉砕して地面へ。
そこにテラードーパントが例の液体を発射。モロに受けたCJXは変身解除してしまい翔太郎は
恐怖に捕らわれ、フィリップは気絶した所を若菜に連れ去られてしまう。
変身解除して悠々と響子に近づき、翔太郎のようになりたくなければ私の事は忘れたまえと
言ってイーヴィルテイルを回収する琉兵衛。そのまま再びテラードーパントに変身し、高笑い
しながら液体で自身と若菜・フィリップ共に撤収していく。
翔太郎は恐怖に捕らわれて戦闘不能、フィリップは連れ去られたためダブルは変身不能。
竜は大ダメージを受けて行動不能でアクセル変身不能。
……風都の仮面ライダーが全滅しただと……なら誰が風都を守るって言うんだ……

冴子の元に届いた招待状。それは琉兵衛からのものであった。
何の冗談かと思う冴子だが、加頭は勝利宣言ですかねと涼しい顔で言う。
招待状の内容を見た冴子は怒りからなのか招待状をグシャグシャに潰してしまう。
一方鳴海探偵事務所。大怪我を負った竜には一応の治療が施され、響子が看病中。
病院行けよと思ったがこれもガイアメモリ関連のダメージだから現代医療じゃ治療不可なのか。
翔太郎は何かを見るだけでも激しく怯え、日常生活もままならない状態に。
そんな中、空気を読まずに真倉刑事と刃野刑事が花火見物帰りなのか祭り帰りなのか、
その両方を含んでいるのか分からないが浮かれた様子で事務所へ。
この時の刃野刑事に注意した亜樹子のセリフから察するに、敗北してから数日が経っている模様。
老人になったりと大変で真倉刑事がからかおうとしたがそれだけでも翔太郎激しく恐怖。
真倉刑事はポカーンとしていたが、刃野刑事はかなりヤバイ状態にある事を見抜く。流石。
その様子を見ていた響子は自分のせいと一人責任を感じ……。

フィリップは園咲家の一室で寝ていた?所から覚醒。屋敷内を歩いていると琉兵衛の笑い声が
聞こえてくる。そちらに向かうと園咲家関連のシーンでは高確率で登場の食堂に琉兵衛・若菜
冴子の三人が。しかも並べられた料理は琉兵衛の手料理らしい。
若菜の門出を家族全員で祝おうと言う琉兵衛。用意された席は五人分で三人分は埋まり一つは
フィリップの分、残る一つは……そう、母親であるシュラウドの分。
シュラウドにも招待状が届いていたようで言葉一つ発する事無くシュラウドは自分の席へ。
初の園咲家の家族全員集合。これはとんでもない事が起こりそうだ……。
そして例のインディージョーンズっぽい格好の響子もそこに。何をする気だ?

フィリップには初の経験となる家族の食卓。が、何か一般的なのとは違う。
琉兵衛が思い出すのは皆で発掘をしていた日々。どうやら元々園咲家は発掘やら何やらを主に
していたらしく、その過程でガイアメモリや地球の記憶とであったと推測される。
皆で発掘現場で発掘したり、食事の時にシュラウドと琉兵衛が踊ったりと極普通の家庭であった
園咲家。ああ、回想の中での寺田さんの笑顔が素晴らしい……。
暗い井戸がちょっと怖かったと言う若菜。井戸=泉の事かな? しかし、これがあるから大丈夫
だと言う琉兵衛。取り出したのはイーヴィルテイルの入った箱のカギ。
箱の鍵が開けられ、蓋も開けられるが……一瞬なので中身は良く分からず。そのタイミングで
フィリップが皆に経緯はともかく家族が集まったのだから争いはやめるべきだと提案。
しかし、それを冴子は笑って一蹴。挙句の果てに死人は黙っていなさいというが、若菜が園咲に
取っては冴子も死人同然と皮肉を言う。これには冴子もカチンと来たようだが琉兵衛が一喝。

どうやらこの晩餐会の真の目的は人間を越えて神に近い存在となる若菜に冴子とシュラウド、
つまり園咲家を裏切った者が懺悔をするためのケジメの場なのだとか。
さっきので溜まった冴子のストレスがここで爆発。Rナスカドーパントとなるが若菜も対抗して
クレイドールドーパントに変身。久々?のドーパント体姉妹喧嘩へ勃発する。
二人に制止の声を掛けるフィリップだが意味は無し。唯一止められる琉兵衛もメモリでの戦いは
家族らしいといえばらしいと言って止める気なし。
シュラウドはそのまま席を立って部屋を出ようとし、琉兵衛が声をかけても負けを認めていると
言って何もする気配無し。たまらなくなったフィリップが駆け寄り、家族を放っておくのかと
問うがシュラウドはフィリップの家族はもう園咲ではなく翔太郎だと言う。
また、切り札は翔太郎だとも言うシュラウド。確かに翔太郎の持つメモリはジョーカー、すなわち
切り札の記憶だがなぁ……いや、昨日見た映画じゃ本当に翔太郎とジョーカーメモリが切り札に
なったけどさ。それを聞いて翔太郎は再起不能だと言う琉兵衛。
そんな中、屋敷どころかこの部屋に潜入した響子はこっそりとイーヴィルテイルを盗み出す。
何と言う行動力……いや行動力ありすぎるだろ本当に。

舞台を外に移したRナスカドーパントVSクレイドールドーパントの姉妹喧嘩対決。
しかし既に実力はクレイドールドーパントの方が上であり、歯が立たないRナスカドーパント。
この場で悔い改めるかと問う若菜だが、冴子がそうするわけもなく死んだ方がマシという。
その言葉を聞いて容赦なくゼロ距離射撃を叩き込み、さらにエクストリーム化するクレイドール
ドーパント。翼を開き攻撃を避けようとするも全く避けられず、地面にたたきつけられさらに
上にのしかかられるRナスカドーパント。トドメとばかりに叩き込まれた至近距離での電撃で
ついに変身解除してしまい、さらにナスカメモリがブレイクされてしまう。
さすがにメモリブレイクされたら戦えないので逃げる冴子。ああ、霧彦さんのメモリが……。

その翌日辺り、翔太郎の元に電話が。しかしそれですら怯えてしまうので投げ捨てられた
スタッグフォンを代わりに亜樹子が取り、電話に出る。その相手はフィリップだった……。
最初こそは怯えていたが、フィリップの声を聞いていくらか落ち着いた翔太郎だったが、その
フィリップ本人はいきなりお別れだと言う。その理由は今日、若菜に強大な力を与えるための
生贄にされ消滅してしまうからだという。
しかし、翔太郎の心に悪魔と相乗りする勇気がある限り消滅しないとも言う。
その言葉で通話は終わり、思わずスタッグフォンを取り落としてしまう翔太郎。
思わず何で今の話を聞いて事務所を飛び出せないか翔太郎に詰め寄る亜樹子だが、今の恐怖に
捕らわれた状態じゃあそいつは無理ってもんだよ……。
翔太郎本人も恐怖からなのか、駆け出せない自分への怒りからか叫び声を挙げる。

そんな中、響子が事務所にイーヴィルテイルを持って戻ってきた。これでガイアインパクトは
防げると喜ぶ亜樹子だが、中身を見た響子はそれが何の役に立つのかさっぱり分からない。
亜樹子も袋から中身を取り出して見るがやはり分からない様子。翔太郎にも見せるとやはり
最初は怯えるが次第に顔つきが変わっていき……。

園咲家の教会と思われる一角。そこでは祭壇に捧げられたイーヴィルテイルを前に若菜が
クレイドールドーパントへと変身し、その調度真下となる地下遺跡では琉兵衛が泉の制御装置の
調節をしていた。風都の人間をドーパントし、集めた膨大なデータがそれには詰まっている。
地球の記憶の全てを真上に居る若菜に集め、フィリップはその制御プログラムとなる。そのため
にはフィリップがそのデータの中に取り込まれる……つまりデータの塊であるフィリップが
消える必要があるのだと言う。そうすれば若菜は生きたガイアメモリ製造機、地球の巫女となる。
息子である自分が消えていいのかと問うフィリップだが、琉兵衛は一度死んだお前は救えないと
言う。……元々は救おうとか思っていたんだな、父親らしく。
フィリップは琉兵衛を救いたいと思っているが、その思いは虚しく父親である琉兵衛自身が泉に
投げ落とす事で散ってしまう。……この時琉兵衛が何とも言えない顔をしているんだよな。
嬉しいような悲しいようなそんな感じの表情だ。

フィリップはデータとなって消え、泉からは光が溢れ出す。その光を受けてクレイドール
ドーパントはエクストリーム化し地球の記憶とフィリップのデータを身に受けていく。
その光は外に居る冴子にも見えるほど大きい。
後数分もすれば全てが上手く行くと言う琉兵衛だが、そうさせまいとそこに現れたのは亜樹子と
翔太郎。さすがに翔太郎はまだ本調子ではないので亜樹子に肩を借りているがそれでも大分復活
してきているのが良く分かる。
翔太郎が自分の前に立てたことを褒める琉兵衛だが、翔太郎は今までの激しい恐怖や怯えを感じ
させない様子でイーヴィルテイル……単なる刷毛をを取り出す。
来た理由はそれの謎を解き明かすため。イーヴィルテイルが盗られていたことを全く知らなかった
琉兵衛は大慌て。それを……家族を返せと翔太郎に言う。

イーヴィルテイルとは、園咲家五人の名前が書かれた刷毛。元々は外国で見つけた魔よけの品で
それに自分の名前を書いて皆で祈ればずっと一緒だと家族に言った優しい思い出の品。
道を誤り、家族を犠牲にし続けてきた琉兵衛。そんな自分が恐ろしくなっていたため幸せだった
頃の象徴であった刷毛を家族にすり替え、自分の気持ちを誤魔化してきたのだという翔太郎。
それを否定する琉兵衛。再び返すように言いテラードーパントへと変身する。
流石にテラードーパントの姿には怯える翔太郎。フィリップが居ない今ダブルには変身できない。
しかし、フィリップの言葉――心に悪魔と相乗りする勇気があるのなら自分は消えない――を思い
出し再び闘志を燃やす翔太郎。イーヴィルテイルを亜樹子に預けてドライバーを取り出し、切り札の
記憶……ジョーカーメモリをセット。

「さぁ来い……相棒!!」

力強く叫んだその瞬間、クレイドールエクストリームの体に異変が。中に居るフィリップのデータが
抵抗をし、サイクロンメモリがドライバーに転送されダブルに変身!!
勿論、その中にはフィリップの意識も!! 狼狽するテラードーパントに説明していくフィリップ。
ダブルの変身システムは翔太郎がドライバーをつけて変身する意思を伝えればフィリップ側には
自動的にドライバーが現れる。そしてメモリにフィリップの意識を乗せて翔太郎に飛ばして変身する。
つまり、フィリップがデータ体となった今ならドライバーをつけて変身する事を伝えれば……意識
だけはメモリとして翔太郎の元に届ける事が、復活する事が可能ってわけだ。
そしてクレイドールエクストリームはメインプログラムを喪失した状態となり……バグるわけだ。
街を泣かせてきた諸悪の根源、園咲琉兵衛に向けてダブルがお前の罪を数えろと告げる!!
無理を押して竜も移動開始。そう、この男は何があっても死なないのさ!!

流石にサイクロンジョーカーの状態ではテラードーパントには大苦戦。衝撃波で吹き飛ばされた後
テラードラゴンの尾の一撃でさらに吹き飛ばされ追撃を受けそうになるがそこに久しぶりに登場の
リボルギャリーが。しかもその中にはバイクフォームとなったアクセルも。

「俺が操り人形だと……? 上等だ、それで悪が砕けるなら人形で構わん!!」

力強くそう告げ、アクセルガンナーとなってテラードラゴンに向かっていくアクセル。
最初は砲撃で責めるも接近されてガンナーA部分に噛み付かれるアクセルガンナー。
しかし噛み付かれたのがガンナーAだったためアクセル自体は動ける。すぐにガンナーAをパージし、
リボルギャリーでタービュラーユニットに換装。一度ハードボイルダーにガンナーAが合体した事が
あるから接続部分はアクセルとハードボイルダーで共通みたいだからな。設定的には何の不都合も
無い。アクセルタービュラーとなり飛び立つ!!

サイクロンジョーカーのまま戦っていたダブルだが、エクストリームメモリがクレイドール
エクストリームからフィリップの肉体データを回収! これによりクレイドールエクストリームは
自滅の形となり呼応するかのように泉も破壊される。
それを感じ取ったテラードーパントだが、ダブルはCJXに変身。恐怖を振り払い、相棒を取り戻した
翔太郎に……家族を救いたいと願い、それを決意したフィリップに倒せない敵は居ない!!
アクセルは空中で上半身だけ通常の形態に戻し、エンジンブレードを手にテラードーパントと激しい
空中戦を繰り広げる。……うん、このときのアクセルが初代ガンダムBパーツ装備に見えた。
CJXも最強フォームの名に相応しい強さでテラードーパントを圧倒。アクセルはマキシマムドライブを
発動し、エンジンブレードを前に突き出しそこが頂点となる形でA字型に体を燃え上がらせて突撃する
アクセルタービュラーフェニックスでテラードラゴンに突撃! 絶望がお前のゴールだの叫びに
相応しくテラードラゴンを撃破!! さらにダブルもエクストリームマキシマムドライブを発動、
ダブルエクストリームをテラードーパントに見舞いついにテラーメモリをメモリブレイク!!

ダブルエクストリームで吹き飛ばされたテラードーパントは園咲家の屋敷の近くへ。
変身が強制解除され、元々泉破壊の影響で燃えていた家がテラードラゴン衝突でさらに炎上。
メモリブレイクしたことに感慨深そうな翔太郎。流石にボロボロの状態で飛び出してきた竜は変身解除
してもマトモに立てず亜樹子に支えられる。
燃え上がる園咲家の屋敷と敷地を見て思わず向かおうとするフィリップだが、それを静止する翔太郎。
家族を……父親を悪魔のメモリから引き離せたが、この結末に涙するフィリップ。
燃え上がり崩れる屋敷の中、琉兵衛は食堂で光のような若菜の姿を見る。地球の未来が女王に託された
ことを知った琉兵衛は高笑いを上げ、家族の思い出を胸に踊りながらその炎の中へと消えていく……。
崩れ落ちる屋敷を見て、崩れ落ちる冴子。その姿と屋敷を黙って見つめるシュラウド。

響子に琉兵衛の最後を伝えた翔太郎達。琉兵衛は怪物であったが、最後の瞬間にイーヴィルテイルを
見て人間の心を取り戻したのだと慰めるために翔太郎が付け加えた言葉だが……亜樹子が言うように
竜も信じるように俺もそれは本当だと信じたい。
今ここに、一つの家族の愛憎劇が終わりを告げた……と言いたいところだが、焼け跡からは若菜の
遺体は見つかっていない。その若菜は意識を失った状態で加頭に抱きかかえられ……。
いよいよ仮面ライダーダブル、最終決戦へ!!

以上、第46話でした。
いやぁ、テラードーパントは最後の最後に倒すと思っていたらまさかここで倒すとは。
最後の敵は財団Xだったか……。個人的にはいつから琉兵衛が豹変したか知りたかったがな。
ともかく、今までその培ってきた演技力でダブルを支えてきた寺田さん、本当にお疲れ様です!!
……いやこれで次回ちょっとでも出てきたら恥ずかしいけどな。

さて、次回は何とフィリップからの依頼。その依頼内容とは若菜を探して欲しいとのこと。
無論、相棒からの依頼を翔太郎が引き受けないわけがない。しかし、フィリップに残された時間は
もう少なく……。ちなみに、ミックは翔太郎と亜樹子が見つけてくるので無事な模様。
次回の敵は加頭が変身したドーパント。多分コイツが最後のドーパントでサブタイのUから察するに
アルティメットドーパントって所か。……よーし、誰か五代連れて来い! 究極には究極だ!!
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

雷光

Author:雷光
日々を気ままに生きる大学生の
生物(なまもの)。
好物は東方(特に小悪魔)・特撮・
ロボ物ゲーム&アニメ・ヴァンガ。

ロボ物じゃないゲームやアニメも
割と好き。つまりは雑食。
生物(せいぶつ)じゃないのは妙で
みょんなこだわり。

一応ヴァンガードファイター。
初めて半年ぐらいの初心者。
使用クランは現在ディメポリと
アクフォ。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。